■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
THIS WEEK in the JOURNAL:November 27, 2008
The New England Journal of Medicine 11月27日号2番手の論文はこれでした。クリックすると、抄録画面に飛びます。

Diagnostic Performance of Coronary Angiography by 64-Row CT(N Engl J Med 2008;359:2324-36.)

タイトルの通り、CTアンギオで冠動脈評価を行うことについての内容でした。従来の冠動脈造影と比較して、ほぼ同等の結果であったことから、筆者らは「今のところ、CTアンギオは冠動脈造影に取って代わるものではない」と結論していました。

これを英語にしてみると ,,,,,

In an international study, the authors evaluated the diagnostic performance of coronary angiography by means of 64-row multidetector computed tomography (CT). The technique accurately identified obstructive coronary lesions, but the positive and negative predictive values were inadequate for this technology to replace conventional coronary angiography with the use of contrast medium.


最後の1文は抄録ではこのようになっていましたね。

The negative and positive predictive values indicate that multidetector CT angiography cannot replace conventional coronary angiography at present.
(N Engl J Med 2008;359:2324-36)

ほぼ同じことを言っているのですが、

The positive and negative predictive values were inadequate ... to replace ...
The negative and positive predictive values indicate that A cannnot replace B

という言い換えの妙!目下、著作権の勉強中なので「自分の言葉で表現すれば問題なし」という実例を見ると、変に感心したりしてます。
それはさておき、こうした言い換え表現はきっとどこかで役に立ちますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。よろしければ1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ





引用許可について、NEJMと現在、2度目の交渉中です。
パラグラフ単位、センテンス単位で許諾が得られなければ、著作権の発生しない、単語単位でやっていく他ないかな、と思っています。

形式としては、別途、NEJMの記事を手にしていただいた上で、単語解説リスト、となるかもしれません。引用文がないのはツライところですが、骨組みを残し、枝葉を創作して埋め込む、(本文への応用は読んだ方におまかせする)ことにするかも、と思案中です。

英語と同時に内容も紹介したいのですが、それは日本語(か英語)でダイジェストをつけましょうか。

自分がジャーナルを読むペースメーカーにしつつ、もしも読んでくださる方がいらっしゃるならお役にも立ちたいので、いろいろと欲張っていますが、なんとか続けられる道を探しています。

今日も読んでくださってありがとうございます。なんとか許諾をもらって、役立つブログにしたいです。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 06:49:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。