■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
November 27, 2008 vol.359 No22(2313-2323)
The New England Journal of Medicine 11月27日号が出ました。
早速、読んでみましょう。

今回から、実験的構成で運用してみます。試行錯誤中なので、運用しつつ改良を図る予定です。

最初の掲載論文は、large-B-cellリンパ腫についてのものです。

Stromal Gene Signatures in Large-B-Cell Lymphomas (NEJM 359: 2379-2381)

抄録はThe New England Journal of Medicineで見られます。クリックすると今回取り上げた論文の抄録が立ち上がります。

抄録に出てくる単語、表現をピックアップして解説を加える、というやり方で書いてみます。パラグラフ単位では載せないので、ちょっと違和感があるかもしれませんが。

Background
corerate with ~と(相互に)関連した
whether ... is unclear ...は不明である
 現在何が問題になっているかを書くときに使える表現です。

Whether gene-expression signatures correlate with survival after treatment of diffuse large-B-cell lymphoma is unclear. (NEJM 359:2379-238)

Method
a training group 研究群で
in a validation group 検証群で
 この2つは対峙する群なんですが、日本語にしてみるとどうもぴんときません。ただ、この領域で仕事をしていないから、かもしれませんが。本文では次のようになっています。

A multivariate gene-expression–based survival-predictor model derived from a training group was tested in a validation group.(NEJM 359:2379-238)

Results
by contrast 対照的に
 2つの異なった結果を並べるときに使えますね。本文ではこのように使われています。

By contrast, the prognostically unfavorable stromal-2 signature reflected tumor blood-vessel density.(NEJM 359:2379-238)

Conclusion
is influenced by ... ...によって影響される
 このように使われています。

Survival after treatment of diffuse large-B-cell lymphoma is influenced by differences in immune cells, fibrosis, and angiogenesis in the tumor microenvironment.(NEJM 359:2379-238)

構成としてはすっきりしました。でも250語分を一緒に読むことはできません。とりあえず、別画面でNEJMの論文画面を立ち上げて参照していただくのがいいかも。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。よろしければ、応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

再開しましたが、まだまだ「仮店舗」状態です。「ここ、こうしたら?」とか「ここ、読みにくいよ」とか是非、お知らせください。
あなたのお役に立てるブログを目指しています。よろしくお願いしますね。


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:15:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは Dr Joy さん。
スポーツ整形外科医suのブログを リンクしていただきありがとうございました。先生のブログもリンクさせていただいております。
ブログの凍結が一日も早く解けることをお祈りしています。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
2008-11-28 金 16:10:21 | URL | sportsphysician su [編集]
リンクありがとうございます
su先生、リンクありがとうございます。
ブログ凍結は一応、抗議のあと、即日解除されまして、そのおかげで、こうしてここに記事がアップできております。ただ、また同様の措置(誤爆?)が起こりうるリスクがあり、こちらで出来うる最善の対策、ということで、著作権を最大に考慮したブログ構成を模索中です。以前の記事のほうが書く方としては楽だったのですが、(パラグラフ単位で自分で読みながら書けるので)先々のことも考え、厳密な「引用」として使ってみました。読みにくい読みやすい等、コメントいただけるととてもありがたいです。よろしくお願いします。
2008-11-29 土 07:58:52 | URL | Dr.Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。