■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本論からははずれてますが、
相変わらず、ブログ凍結ショックから立ち直りきれておりませんが、googleで検索を掛けたところ、情報を発見しました。

理由の分からないブログ凍結ーFC2ブログの歩き方

恐ろしいことですが、私同様の目に遭っている方が少なからずいらっしゃるようです。しかも、やはり凍結の理由は明かされないまま、凍結解除に至ったり至らなかったり。私の場合、半日で解除されたのは良かった方なのかもしれません。

ただ、やはり著作権については非常に気になるところであり、今回、かなり調べたり本を読んだりしました。また、NEJMの該当部署に2回目の許可申請(最初のはカスタマーサービスに出したので、転送されただけ、だったようなので)をメールで出しました。許可がいただけるまで何度でも申請しようかと思ってます。

他方、全く問題にならない形での運用(記事形態)も考えており、そのうち、試作バージョンを出してみるかもしれません。

ブログ凍結は、突然、身に覚えがなくても降りかかってきます。対策としては、もちろん、投稿規定を遵守してブログを運用する、という他に、
1)必ず、バックアップを取る
2)身に覚えのない凍結を受けたら、すぐさま、抗議メールを出す(この出す宛先が不明瞭なのですが、ブログを立ち上げたときにFC2から届いたメールにちょこっと記載されています。)

今回はNEJMと関係ない記事で、申し訳ありません。NEJMの英語を期待してアクセスされた方、ごめんなさい。
ただ、この件はブログを再開する上で、避けて通れない問題なので、あえて書きました。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

感想 | 20:17:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。