■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Case records of MGH: November 13, 2008
NEJM 11月13日号の原著論文抄録は全て読みましたので、MGHの症例検討に行きましょう。
そうはいっても、全文を読むには本誌がなくてはできませんので、ここではThis Week in the Journal掲載のダイジェストを見ます。

今日の注目表現はこちら。

A diagnostic procedure was performed.
では早速タイトルから。

A Man with Confusion and Memory Loss

Memory Loss 記憶喪失

内容へ進みます。

A 65-year-old right-handed man was transferred to this hospital because of the recent onset of confusion and memory loss. MRI scans of the brain showed symmetric abnormalities involving the temporal lobes, left basal forebrain, and insular regions. A CT scan of the chest disclosed an anterior mediastinal mass. A diagnostic procedure was performed.

right-handed 右利きの
showed ~という所見であった
disclosed 明らかになった
 画像所見を記載するときに使える表現です。
was performed 施行された

「どうしたんだ?」と気になった方は是非本誌へ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

昨日は休日にもかかわらず、たくさんのアクセスをいただきました。ありがとうございます。あなたのお役に立てるよう、更に工夫をしていきますね。またおいでくださいませ。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

CASE RECORDS OF MGH | 06:02:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。