■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
November 13, 2008 vol.359 No20 (2105-20)
NEJM11月13日号2番目に掲載の原著論文Abstractを読みましょう。
近頃、なにかと話題の多い「BMI」と「腹回り」についての論文です。

今回の注目表現はこちら。

... few have examined whether the distribution of body fat contributes to the prediction of death.

ではタイトルから。

General and Abdominal Adiposity and Risk of Death in Europe

Adiposity 脂肪過多、肥満

本文へ進みます。

Background Previous studies have relied predominantly on the body-mass index (BMI, the weight in kilograms divided by the square of the height in meters) to assess the association of adiposity with the risk of death, but few have examined whether the distribution of body fat contributes to the prediction of death.

relied predominantly on 主として~に依っていた
BMI, the weight in kilograms divided by the square of the height in meters BMI、体重(kg)/身長(m)2乗
 お馴染みのBMIですが、説明するとこうなります。
the association of adiposity with the risk of death 肥満と死亡リスクとの相関
 ofとwithの使い方に注目。
few have examined ほとんど研究されていない
 fewを主語とした表現です。

Methods We examined the association of BMI, waist circumference, and waist-to-hip ratio with the risk of death among 359,387 participants from nine countries in the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition (EPIC). We used a Cox regression analysis, with age as the time variable, and stratified the models according to study center and age at recruitment, with further adjustment for educational level, smoking status, alcohol consumption, physical activity, and height.

waist circumference 腹囲、腹回り
 メタボで一躍有名になりました。
stratified 階層化した

Results During a mean follow-up of 9.7 years, 14,723 participants died. The lowest risks of death related to BMI were observed at a BMI of 25.3 for men and 24.3 for women. After adjustment for BMI, waist circumference and waist-to-hip ratio were strongly associated with the risk of death. Relative risks among men and women in the highest quintile of waist circumference were 2.05 (95% confidence interval [CI], 1.80 to 2.33) and 1.78 (95% CI, 1.56 to 2.04), respectively, and in the highest quintile of waist-to-hip ratio, the relative risks were 1.68 (95% CI, 1.53 to 1.84) and 1.51 (95% CI, 1.37 to 1.66), respectively. BMI remained significantly associated with the risk of death in models that included waist circumference or waist-to-hip ratio (P<0.001).

at a BMI of 25.3 for men and 24.3 for women BMIは男性で25.3、女性で24.3
 atとforの使い方に注目します。
were strongly associated with 強く相関していた

Conclusions These data suggest that both general adiposity and abdominal adiposity are associated with the risk of death and support the use of waist circumference or waist-to-hip ratio in addition to BMI in assessing the risk of death.

These data suggest that 今回のデータは~と示している

ヨーロッパの報告ではありますが、BMIや腹囲を健康指標とすることには妥当性がありそうですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。「役に立ったなあ~」という方は是非1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

いつも応援ありがとうございます。なかなかコメントしにくいブログとは思いますが、たま~に感想などいただきますと、更に元気を出して続けられますので、よろしければどうぞ、コメントとか拍手などを。


皆さんに勧めた手前、自分でもやってみます、要約。
今回の論文を1文でまとめてみます。
This study shows the strong association of BMI and abdominal adiposity with risk of death in Europe.
もっと単純には、
This study suggests general and abdominal adiposity and risk of death in Europe.
と、タイトルを持ってくる、という手もありますね。
いずれにしても、ともかく自分で書いてみる、というのがブレイクスルーになります。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:09:41 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
NEJMは抄読会でよく読みました。最近は海外の雑誌に触れることはほとんどありませんが、日本語のabstractは時々読みます。
日常診療で英会話が必要なことがしばしばあります。
会話と論文ではまた違いますよね。医師は総合的な英語力が必要と思います。留学経験でもあればすらすらなのかもしれませんが。。。
ブログを読んで刺激になりました。これだけの内容を書くと言うことは大変だと思いますが、これからも発信続けてください。
2008-11-17 月 04:22:52 | URL | azusa [編集]
ご訪問ありがとうございます
azusa先生、コメントありがとうございます。先生のところへは「英語を話す患者さん」がいらっしゃるのですね。それは刺激的なことで、ちょっとうらやましいです。
大学病院を退職したとき、一念発起してNEJMを定期購読し始めたのですが、このブログをはじめるまで「積ん読」状態でした。ブログのためにきちんと読むようになり、更にそれまではMRさんのお話すら「へ?」ということもままあったのですが、徐々にピントが合ってきて質問もできるようになったのは、予想外の収穫でした。
是非また、おいでください。ご訪問ありがとうございました。
2008-11-17 月 06:22:26 | URL | Dr.Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。