■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
November 13, 2008 vol.359 No20 (2095-2104)
The New England Journal of Medicine 11月13日号掲載の原著論文抄録を読みましょう。
世の中には和訳のメール配信やダイジェストの配信などのサービスもありますが、内容を知るにはいいのですが、英語の勉強につながらないのが難点です。
かといって、なかなか本誌を読む時間や機会がないなら、どうする!?
こういうときは、毎日1抄録、一緒に読みましょうよ。

今日の注目表現はこちら。

The study reached its stopping criterion and was terminated after 61 patients had been enrolled.

まずはタイトルから。

Mechanical Ventilation Guided by Esophageal Pressure in Acute Lung Injury


Guided by ガイド下での、モニター下での

本文へ進みましょう。

Background Survival of patients with acute lung injury or the acute respiratory distress syndrome (ARDS) has been improved by ventilation with small tidal volumes and the use of positive end-expiratory pressure (PEEP); however, the optimal level of PEEP has been difficult to determine. In this pilot study, we estimated transpulmonary pressure with the use of esophageal balloon catheters. We reasoned that the use of pleural-pressure measurements, despite the technical limitations to the accuracy of such measurements, would enable us to find a PEEP value that could maintain oxygenation while preventing lung injury due to repeated alveolar collapse or overdistention.

In this pilot study このパイロットスタディでは、この予備研究では
 ロングマン英英辞典では次のように記載されています。
 a small study, project etc which is carried out as a test to see if an idea, product etc will be successful
 じゃあ、trialはどうなんだ、と言うわけで、同辞典をひいてみると、
 a process of testing to find out whether something works effectively and is safe
 若干、ニュアンスが違いますかね。
reasoned that ~と推論した
 目新しい表現です、チェック!

Methods We randomly assigned patients with acute lung injury or ARDS to undergo mechanical ventilation with PEEP adjusted according to measurements of esophageal pressure (the esophageal-pressure–guided group) or according to the Acute Respiratory Distress Syndrome Network standard-of-care recommendations (the control group). The primary end point was improvement in oxygenation. The secondary end points included respiratory-system compliance and patient outcomes.

adjusted 調整された

Results The study reached its stopping criterion and was terminated after 61 patients had been enrolled. The ratio of the partial pressure of arterial oxygen to the fraction of inspired oxygen at 72 hours was 88 mm Hg higher in the esophageal-pressure–guided group than in the control group (95% confidence interval, 78.1 to 98.3; P=0.002). This effect was persistent over the entire follow-up time (at 24, 48, and 72 hours; P=0.001 by repeated-measures analysis of variance). Respiratory-system compliance was also significantly better at 24, 48, and 72 hours in the esophageal-pressure–guided group (P=0.01 by repeated-measures analysis of variance).

criterion 判断基準
 複数形はcriteriaです。こっちの方がよく使いますね。
was terminated  終了した

Conclusions As compared with the current standard of care, a ventilator strategy using esophageal pressures to estimate the transpulmonary pressure significantly improves oxygenation and compliance. Multicenter clinical trials are needed to determine whether this approach should be widely adopted.

a ventilator strategy 呼吸管理戦略
 stragegyを使うあたり、なかなか斬新です。斬新だからpilot studyとしたのでしょうが。

こんなシーンで食道内圧が出てくるとは非常に画期的な発想だと思います。食道内圧測定がアカラシアとGERD以外で活躍する日も遠からず来るのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。お手数ですが、1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

このところ、連日10アクセス以上いただき、大変うれしく思っています。たまたま迷い込んだ方も毎日来てくださる方も、ありがとうございます。一緒に勉強しましょうね。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:29:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。