■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

This Week in the Journal: November 6, 2008
NEJM11月6日号の原著論文抄録はもう全部読んでしまいましたので、久しぶりにThis Week in the Journal(略してTWJとさせてください)を見てみましょう。
TWJは3文程度に凝縮されていますから、読むのも楽です。

オーソドックスな使い方としては、
時間節約のため、TWJをざっと読んで内容を知る
となりますが、お薦めはベクトルの方向を反転させて、
原著論文抄録を読んで、自分で3文程度に要約を書いてみて、TWJと比較してみる
という方法。毎週1つくらいやってみると、いい勉強になりますよ。

今回は、オーソドックスにTWJを読んでおきます。

Effect of 17q21 Variants and Smoking Exposure in Early-Onset Asthma

A locus on chromosome 17 has previously been shown to be associated with susceptibility to asthma. This study shows that the association is specific to early-onset asthma (occurring at the age of 4 years or younger) in those exposed to environmental tobacco smoke in early life. The study implicates markers regulating at least two genes ― ORMDL3 and GSDML ― in determining susceptibility.


This study shows that この研究は以下のことを示している
 内容をサマライズするにはぴったりの表現です。
The study implicates この研究は~ということを(暗に)含んでいる
 これも使える表現です。

Gene Signatures for Liver-Cancer Recurrence

The authors have established a method for the analysis of gene expression in tissue specimens preserved in formaldehyde. The expression profile of tissue adjacent to primary hepatocellular carcinoma, rather than the cancer itself, is associated with late recurrence. This finding, together with other data, suggests that the late recurrences are actually second primary tumors.


なんとタイトルまで直観的にわかるよう言い換えられていますよ。(本当のタイトルはGene Expression in Fixed Tissues and Outcome in Hepatocellular Carcinoma)
The authors have established a method 著者らは方法を確立した
This finding ... suggests that この所見は~ということを示している
抄録を読んだ方は「あれっ」と思われたかもしれませんが、TWJは抄録よりも本文そのものをサマライズしていますので、より踏み込んだ内容になっています。

Testosterone for Low Libido in Postmenopausal Women Not Taking Estrogen

In this double-blind, placebo-controlled, 52-week trial among postmenopausal women not receiving estrogen therapy, treatment with a patch delivering 300 µg of testosterone per day resulted in a significant although modest increase in the 4-week frequency of satisfying sexual episodes (1.4 more episodes per month), but the women were also subject to more adverse events, including androgenic side effects.


なんと1文で構成されています。
resulted in ~という結果だった

自分で要約を書いてみるとき、TWJと同じになる必要は全くないと思います。抄録250語を読んで、自分の英語でまとめてみる、という作業が大切ですよ。(こうした作業に正解、不正解はありませんからね。)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

昨日は日曜日にもかかわらず、新記録18アクセスを達成しました。本当にありがとうございます。励みになります。また来てくださいね。


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 06:46:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad