■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
常に心に「?」を: N Engl J Med 2016;374:13-22.
ルーチンの中にあっても、物事に対して常に疑問を抱いて見つめることが進歩の第一歩になるわけですが、
こと、英文を読むときにもそれは大切なことのひとつです。

Predictive Value of the sFlt-1:PlGF Ratio in Women with Suspected Preeclampsia (N Engl J Med 2016;374:13-22.)

このタイトルを見て、
「さて、この"sFlt-1:PlGF"のところ、なんだろう?なんて読むのかな?」
と思ったら、そのひっかかりを大切にして、Abstractを読んでみましょう。

BACKGROUND

The ratio of soluble fms-like tyrosine kinase 1 (sFlt-1) to placental growth factor (PlGF) is elevated ... (N Engl J Med 2016;374:13-22.)

早速、出てきましたね。タイトルの略称のフルスペルが示され、しかも、":"の部分は"to"と読めばいいことがわかります。

METHODS

We performed a prospective, multicenter, observational study to derive and validate a ratio of serum sFlt-1 to PlGF ... (N Engl J Med 2016;374:13-22.)

ここでは、"derive and validate"をチェックしておきましょう。あとで関連することが出てきます。

さらに、その続きとなるこちらもチェック。

We performed a prospective, multicenter, observational study to derive and validate a ratio of serum sFlt-1 to PlGF that would be predictive of the absence or presence of preeclampsia ... (N Engl J Med 2016;374:13-22.)

さあ、この"would"がどう変化していくかに注目ですよ。

RESULTS

In the development cohort (500 women), we identified an sFlt-1:PlGF ratio cutoff of 38 as having important predictive value.(N Engl J Med 2016;374:13-22.)

はい、この"the development cohort"が、METHODSに出てきた"study to derive"に該当します。そして、

In a subsequent validation study among an additional 550 women, ... (N Engl J Med 2016;374:13-22.)

こちらは、"study to ... validate"となります。METHODSのところでのひっかかりは、ここを読むと解決しますね。

CONCLUSIONS

An sFlt-1:PlGF ratio of 38 or lower can be used to predict the short-term absence of preeclampsia in women in whom the syndrome is suspected clinically. (N Engl J Med 2016;374:13-22.)

METHODSでの"would"は、studyの結果、"can"になりました。可能性が出てきた、というところでしょうか。

さて、久々にNEJMの英語チェックをやってみました。
ABSTRACTはいつもながら無駄なくすっきりと読みやすい英文で書かれていますね。
今年もNEJMの英文を読んで、英語力をブラッシュアップしていきたいと思います。



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。