■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Podcasting: October 30, 2008
もうすぐ最新号のNEJMが発刊されますが、その前に大急ぎで10月30日号のpodcastを聞いておきましょう。この記事がお目に触れる頃には新しいpodcastが出ていると思いますが、ご心配なく。NEJMのトップページにRECENT NEJM AUDIOというコーナーがあり、そこから聞くことができます。またはiTunesからも大丈夫。

今回も冒頭のダイジェスト部分(1分6秒)に集中しましょう。最初はいつもの「提供は~」です。

This audio summary is sponcered by Ortho-Mcneil-Janssen Pharmaceutical, Inc. Visit TOPAMAX360.com for practice management podcasts, sample and patient education resources and much more.

さて、今回は趣向を変えて、聞き取り穴埋め問題にしてみました。リスニングして、カッコを埋めてみてくださいね。では行きましょうか。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of October 30, 2008. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue (1) articles on early insulin therapy in very-low-birth-weight (2), aggressive vs. (3) phototherapy for infants with extremely low birth weight, genetically elevated C-reactive protein and (4) vascular disease, glutamic acid decarboxylase and insulin secretion in recent-onset type 1 diabetes, and patients’ (5) of hospital care in the US; a review article on Clostridium difficile; a case report of a woman with neck pain and fever; and Perspective articles on curtailing waste in the U.S. health care system, on reproductive freedom and the next president, and on moving forward on reproductive health.

答えは続きに書いておきます。参考にしてください。

10月30日号もこれで終わりです。もうすぐ、最新号のE-MAIL配信が届きます。どんな論文、どんな英文に出会えるか、楽しみです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックを是非お願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

毎日来てくださる方がいて、本当にうれしく励みになります。どうぞごひいきに。

余談)昨日帰宅したら南江堂洋書部から封書が届いていて、ワケもなく焦ったけど、なんのことはなく、単に「NEJM年間購読が来年で切れるから次を払ってね」という振り込み用紙が送られてきただけのことでした。そ、そうですよね。こんなブログ書いてるなんて、知るよしもない...ハズ


解答です。
1.features
2.infants
3.conservative
4.ischemic
5.perception


お疲れ様でした~~。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 05:55:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。