■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
HCV治療の新局面か: N Engl J Med 2013; 368:34-44. (January 3, 2013)
消化器内科医として、HCV治療の黎明期から見てますが、最近の進歩は目を見張るものがあります。
今回の論文は、さらに新しい一歩となるのかどうか、非常に興味があります。

Nucleotide Polymerase Inhibitor Sofosbuvir plus Ribavirin for Hepatitis C (N Engl J Med 2013; 368:34-44.)

今回の「ハテナ起点」は明示されていませんが、既知の事実はここ。

The standard treatment for hepatitis C virus (HCV) infection is interferon, which is administered subcutaneously and can have troublesome side effects. (N Engl J Med 2013; 368:34-44.)

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

We evaluated sofosbuvir, an oral nucleotide inhibitor of HCV polymerase, in interferon-sparing and interferon-free regimens for the treatment of HCV infection. (N Engl J Med 2013; 368:34-44.)

in interferon-sparing and interferon-free regimens for the treatment of HCV infection インターフェロン代替、あるいはインターフェロンなしのレジメンで、HCV感染症を治療する

今回の検討の目的が記されています。

METHODS

We report the rate of sustained virologic response 24 weeks after therapy. (N Engl J Med 2013; 368:34-44.)

24週後のSVRを報告するとあります。

RESULTS

Of the 40 patients who underwent randomization, all 10 (100%) who received sofosbuvir plus ribavirin without interferon and all 30 (100%) who received sofosbuvir plus ribavirin for 12 weeks and interferon for 4, 8, or 12 weeks had a sustained virologic response at 24 weeks. (N Engl J Med 2013; 368:34-44.)

なかなか有望な成績です。

CONCOUSIONS

Sofosbuvir plus ribavirin for 12 weeks may be effective in previously untreated patients with HCV genotype 1, 2, or 3 infection. (N Engl J Med 2013; 368:34-44.)

"may"が使われています。五分五分いけるかも、っていう感じでしょうか。

いかがでしょうか?インターフェロンなしで治療できるようになれば、メリットは非常に大きいと思います。さらなる検討結果が待たれます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。