■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

アブストラクト読み、再開します: N Engl J Med 2012;367:1187-97.
タイトルとオーディオサマリーのスクリプトを読み終えたところで、今週号のNEJMから原著論文のアブストラクトを読んでいきましょう。
読み方は、以前と同じやり方を踏襲します。覚えてますか?

今回読むのはこちら。
Increased Survival with Enzalutamide in Prostate Cancer after Chemotherapy (N Engl J Med 2012; 367:1187-1197.)

論文のきっかけとなった「臨床上の疑問点」は、たいてい、アブストラクトに記載されています。その記載を「ハテナ表現」と呼んで、毎回、拾っていきます。
この論文の「ハテナ表現」はこのあたりでしょうか?

We aimed to evaluate whether enzalutamide prolongs survival in men with castration-resistant prostate cancer after chemotherapy. (N Engl J Med 2012; 367:1187-1197.)

whether以下が「疑問点」となっています。

では、早速、アブストラクトを順に見ていきましょう。

BACKGROUND

We aimed to evaluate whether enzalutamide prolongs survival in men with castration-resistant prostate cancer after chemotherapy. (N Engl J Med 2012; 367:1187-1197.)

castration 去勢

METHODS

The primary end point was overall survival. (N Engl J Med 2012; 367:1187-1197.)

一次エンドポイントを示しています。ココがこの研究の最重要点です。これを中心にして、次のResults以下を読み進めます。

RESULTS

The median overall survival was 18.4 months (95% confidence interval [CI], 17.3 to not yet reached) in the enzalutamide group versus 13.6 months (95% CI, 11.3 to 15.8) in the placebo group (hazard ratio for death in the enzalutamide group, 0.63; 95% CI, 0.53 to 0.75; P<0.001). (N Engl J Med 2012; 367:1187-1197.)

一次エンドポイントの結果です。死亡ハザード比=0.63で、95%CI 0.53-0.75なので、圧倒的な差があると言っていいでしょう。

CONCLUSIONS

Enzalutamide significantly prolonged the survival of men with metastatic castration-resistant prostate cancer after chemotherapy. (N Engl J Med 2012; 367:1187-1197.)

前述の結果を受けての結語となります。1文ですが、それで十分ですね。

オーソドックスな展開のアブストラクトでした。型通りですが、読みやすいスタイルです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
初めまして
初めてブログをのぞかせていただきました。
医薬関連の翻訳業をやっています。先日、勉強のためNEJMのこの論文のアブストを訳してみました。
知り合いの翻訳者さんからこのサイトを紹介してもらって、拝見したらちょうどその論文がここでとりあげられていてとてもうれしかったです。
私は医薬系の出身ではないので、とても勉強になります。
これからも勉強させていただきます。
よろしくお願いします。
2012-10-04 木 10:05:10 | URL | tomoko [編集]
コメントありがとうございます
tomokoさん、コメントありがとうございます。
NEJMのアブストラクトを読んでいる医薬翻訳の方は多いですよね。もしかすると医業の人よりも多くてまじめに読んでるかも知れません(笑。
いつでもコメント大歓迎ですので、お気軽にひとこと残していってください。更新の励みになります。
こちらこそよろしくお願いします。
2012-10-04 木 16:02:40 | URL | Dr.Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad