■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中間報告ではありますが: N Engl J Med 2012;366:697-706. (Feb 23, 2012)
各種健診や人間ドックでデフォルトのように多用されている「便潜血」、大腸内視鏡検査が普及してきた現在にあっても、その意義は揺るぎないものなのでしょうか?

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Colonoscopy versus Fecal Immunochemical Testing in Colorectal-Cancer Screening (N Engl J Med 2012;366:697-706.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Colonoscopy and fecal immunochemical testing (FIT) are accepted strategies for colorectal-cancer screening in the average-risk population. (N Engl J Med 2012;366:697-706.)

あえて受動態を使わず、"accepted strategies"という名詞にしたところがうまい!です。

METHODS

The primary outcome was the rate of death from colorectal cancer at 10 years. (N Engl J Med 2012;366:697-706.)

この研究のプライマリー・アウトカムは10年目の大腸がん死と設定しています。

This interim report describes rates of participation, diagnostic findings, and occurrence of major complications at completion of the baseline screening. (N Engl J Med 2012;366:697-706.)

アウトカム発生までは先が長いので、中間報告をここでやりますということですね。

RESULTS

Colorectal cancer was found in 30 subjects (0.1%) in the colonoscopy group and 33 subjects (0.1%) in the FIT group (odds ratio, 0.99; 95% confidence interval [CI], 0.61 to 1.64; P=0.99). (N Engl J Med 2012;366:697-706.)

大腸がんの発見率については両者互角でした(オッズ比の95%CIは0.61-1.64で、1が含まれていることをチェックしておきましょう。)

CONCLUSIONS

On the baseline screening examination, the numbers of subjects in whom colorectal cancer was detected were similar in the two study groups, but more adenomas were identified in the colonoscopy group. (N Engl J Med 2012;366:697-706.)

腺腫については大腸内視鏡検査に軍配があがりました、という結語になっています。

いかがでしたか?10年に1回の大腸内視鏡検査と2年ごとの便潜血反応検査、10年目の大腸がん死亡率はどちらがどうなんでしょうか。結果に非常に興味があります。続報が待たれます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。