■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
October 30, 2008 vol.359 No18 (1909-20)
NEJM10月30日号掲載原著論文の4つめの抄録を読みましょう。
1型糖尿病におけるGAD治療についての内容です。
今日の注目表現はこちら。

The study treatment had no significant effect on change in fasting C-peptide level after 15 months (the primary end point).

ではタイトルへ。

GAD Treatment and Insulin Secretion in Recent-Onset Type 1 Diabetes

Recent-Onset 最近発症した、発症して間もない

本文へ進みましょう。

Background The 65-kD isoform of glutamic acid decarboxylase (GAD) is a major autoantigen in patients with type 1 diabetes mellitus. This trial assessed the ability of alum-formulated GAD (GAD-alum) to reverse recent-onset type 1 diabetes in patients 10 to 18 years of age.

autoantigen 自己抗体
alum-formulated GAD アルミアジュバントGAD

Methods We randomly assigned 70 patients with type 1 diabetes who had fasting C-peptide levels above 0.1 nmol per liter (0.3 ng per milliliter) and GAD autoantibodies, recruited within 18 months after receiving the diagnosis of diabetes, to receive subcutaneous injections of 20 µg of GAD-alum (35 patients) or placebo (alum alone, 35 patients) on study days 1 and 30. At day 1 and months 3, 9, 15, 21, and 30, patients underwent a mixed-meal tolerance test to stimulate residual insulin secretion (measured as the C-peptide level). The effect of GAD-alum on the immune system was also studied.

recruited 登録した、エントリーした

Results Insulin secretion gradually decreased in both study groups. The study treatment had no significant effect on change in fasting C-peptide level after 15 months (the primary end point). Fasting C-peptide levels declined from baseline levels significantly less over 30 months in the GAD-alum group than in the placebo group (–0.21 vs. –0.27 nmol per liter [–0.62 vs. –0.81 ng per milliliter], P=0.045), as did stimulated secretion measured as the area under the curve (–0.72 vs. –1.02 nmol per liter per 2 hours [–2.20 vs. –3.08 ng per milliliter per 2 hours], P=0.04). No protective effect was seen in patients treated 6 months or more after receiving the diagnosis. Adverse events appeared to be mild and similar in frequency between the two groups. The GAD-alum treatment induced a GAD-specific immune response.

had no significant effect on ~に対する有意な影響(効果)はなかった
declined ... less 低下はより小さかった

Conclusions GAD-alum may contribute to the preservation of residual insulin secretion in patients with recent-onset type 1 diabetes, although it did not change the insulin requirement.

may 可能性がある
 最近読んできた抄録で、結論でmayが使われているのが目立ちますね。
contribute to 寄与する

なかなか思うような結果は出なかったようですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

昨日も連休中日にもかかわらず、10アクセスありがとうございます。初めての方もリピーターの方も、またどうぞお越しを。
それから、昨日も1拍手いただきました。力づけられます。感謝です。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:09:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。