■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大腸ポリープは取るべきか?: N Engl J Med 2012;366:687-96. (Feb 23, 2012)
大腸内視鏡医なら高頻度に見つけている「大腸ポリープ(と一口に言っても範囲が広すぎますが)」ですが、果たしてそれは「取る甲斐のあるもの」なのでしょうか?
今回はそれを検証した内容となっています。

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Colonoscopic Polypectomy and Long-Term Prevention of Colorectal-Cancer Deaths (N Engl J Med 2012;366:687-96.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

In the National Polyp Study (NPS), colorectal cancer was prevented by colonoscopic removal of adenomatous polyps. (N Engl J Med 2012;366:687-96.)

ここは「既知の事実」を提示しています。そして、colorectal cancerの先にある事象について、今回は検討します、というのが次の文です。

We evaluated the long-term effect of colonoscopic polypectomy in a study on mortality from colorectal cancer. (N Engl J Med 2012;366:687-96.)

時系列に沿って話を流しているのでわかりやすいです。

METHODS

We included in this analysis all patients prospectively referred for initial colonoscopy (between 1980 and 1990) at NPS clinical centers who had polyps (adenomas and nonadenomas). (N Engl J Med 2012;366:687-96.)

下線部の挟み込みがニクいうまさですね。

RESULTS

Given an estimated 25.4 expected deaths from colorectal cancer in the general population, the standardized incidence-based mortality ratio was 0.47 (95% confidence interval [CI], 0.26 to 0.80) with colonoscopic polypectomy, suggesting a 53% reduction in mortality. (N Engl J Med 2012;366:687-96.)

この"Given ... "の書き出しは、なかなか自分では出てこないように思います。音読でもして丸ごと身につけたいところ。

CONCLUSIONS

These findings support the hypothesis that colonoscopic removal of adenomatous polyps prevents death from colorectal cancer. (N Engl J Med 2012;366:687-96.)

ここまで"hypothesis"という語は出てきませんでしたが、ここではっきりと打ち出してきています。

いかがでしたか?「ある人にはいっぱいある」ポリープですが、予後改善につながる処置なので、ひとつひとつ取っていきましょう!

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめまして。医学英語に関心があります。「方法」のところのreferはどういう意味で使われているのでしょうか。よろしければご教示ください。
2012-03-08 木 10:29:18 | URL | レオ [編集]
refer forの意味
レオさん、コメントありがとうございます。
ここの"refer for"は、「大腸内視鏡検査を受けた」という意味です。「英辞郎 on the WEB」に用例がありますよ。参考にしてください。
またコメントお待ちしております。
2012-03-09 金 06:32:14 | URL | Dr.Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。