■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
基本的な動詞で十分:N Engl J Med 2012;366:234-42. (Jan. 19, 2012)
論文に限らず、文章において、動詞というのは「文の要」的な存在です。和文だとやたらに重厚な動詞を持ってきてしまうこともありますが、英文ではどうでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Recurrent Somatic DICER1 Mutations in Nonepithelial Ovarian Cancers (N Engl J Med 2012;366:234-42.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Mutation carriers are at risk for nonepithelial ovarian tumors, notably sex cord–stromal tumors. (N Engl J Med 2012;366:234-42.)

notably 特に

何でもない一語ですが、何気なく是非使ってみましょう。

METHODS

We then sequenced this region of DICER1 in additional ovarian tumors and in certain other tumors and queried the effect of the mutations on the enzymatic activity of DICER1 using in vitro RNA cleavage assays. (N Engl J Med 2012;366:234-42.)

queried 問い合わせる

日本語になりにくい一文です。ここのqueryは特に難しいですね。

RESULTS

DICER1 mutations in the RNase IIIb domain were found in 30 of 102 nonepithelial ovarian tumors (29%), predominantly in Sertoli–Leydig cell tumors (26 of 43, or 60%), including 4 tumors with additional germline DICER1 mutations. (N Engl J Med 2012;366:234-42.)

この領域の動詞は難しいなあ、と思っていたところに、この"were found"が出てきて、ほっとしました。ごく基本の動詞で、十分事足りています。

CONCLUSIONS

These mutations do not obliterate DICER1 function but alter it in specific cell types, a novel mechanism through which perturbation of microRNA processing may be oncogenic. (N Engl J Med 2012;366:234-42.)

obliterate 完全に消し去る

これも滅多にアブストラクトではお目にかからない動詞です。

いかがでしたか?ちょっとレベルの高い動詞が出てきていました。こういう動詞については、まずは辞書を引いて、ふーん、というところから、でいいと思います。使いこなせる動詞としては基本的なものだけで十分です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。