■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
渾身の冒頭文:N Engl J Med 2012:366:330-8. (Jan.26, 2012)
小説でなくても、書き出しには気を遣います。悩みすぎて、書けなくなってしまうこともままあります。
今回の論文、アブストラクト第1文に注目です。

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Cold Urticaria, Immunodeficiency, and Autoimmunity Related to PLCG2 Deletions (N Engl J Med 2012;366:330-8.)

今回は「ハテナ起点」の記載はありません。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Mendelian analysis of disorders of immune regulation can provide insight into molecular pathways associated with host defense and immune tolerance. (N Engl J Med 2012;366:330-8.)

大きく振りかぶって第一球、という感じのする書き出しです。気合い十分です。自分で書くときには、ここまで気合いを入れないほうが、楽に進められると思います。

METHODS

We identified three families with a dominantly inherited complex of cold-induced urticaria, antibody deficiency, and susceptibility to infection and autoimmunity. (N Engl J Med 2012;366:330-8.)

この先は、冒頭文とは違って、肩の力が抜けた書きぶりになっていますね。

RESULTS

Other, variable manifestations included atopy, granulomatous rash, autoimmune thyroiditis, the presence of antinuclear antibodies, sinopulmonary infections, and common variable immunodeficiency. (N Engl J Med 2012;366:330-8.)

「そのほか」という意味ですが、接続詞みたいに使われていますね。講演を書き下ろしたような書きぶりです。

CONCLUSIONS

Genomic deletions in PLCG2 cause gain of PLCγ2 function, leading to signaling abnormalities in multiple leukocyte subsets and a phenotype encompassing both excessive and deficient immune function. (N Engl J Med 2012;366:330-8.)

書き出しとは異なり、ごく普通な結語となりました。

いかがでしたか?抽象的なのは冒頭文だけでした。もうちょっとその線で引っ張ってもらうと、読み手としては楽しかったかな、と個人的には思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。