■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
練習にうってつけ:N Engl J Med 2012;366:310-20.(Jan.26, 2012)
化学療法のレジメンを文章で記載すると、どう工夫しても一文が長くなってしまいます。
長文苦手~、って引かないで、赤ペン持ってチャレンジしてみましょう。

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Bevacizumab Added to Neoadjuvant Chemotherapy for Breast Cancer (N Engl J Med 2012;366:310-20.)

今回の「ハテナ起点」のさらにその源、がこのあたりでしょうか。

Bevacizumab and the antimetabolites capecitabine and gemcitabine have been shown to improve outcomes when added to taxanes in patients with metastatic breast cancer. (N Engl J Med 2012;366:310-20.)

現在完了を使っているところがポイントです。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

The primary aims of this trial were to determine whether the addition of capecitabine or gemcitabine to neoadjuvant chemotherapy with docetaxel, followed by doxorubicin plus cyclophosphamide, would increase the rates of pathological complete response in the breast in women with operable, human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)–negative breast cancer and whether adding bevacizumab to these chemotherapy regimens would increase the rates of pathological complete response. (N Engl J Med 2012;366:310-20.)

途中で止めたくなるぐらい長い文です。でも止めないで、読みましょう。この文のホネは下線部です。"whether"を赤丸で囲んで、目印にします。

METHODS

Patients were also randomly assigned to receive or not to receive bevacizumab (15 mg per kilogram of body weight) for the first six cycles of chemotherapy. (N Engl J Med 2012;366:310-20.)

化学療法のレジメンの記載って悩むところですが、この論文のMETHODSあたりを押さえておけば、応用がききます。

RESULTS

The addition of capecitabine or gemcitabine to docetaxel therapy, as compared with docetaxel therapy alone, did not significantly increase the rate of pathological complete response (29.7% and 31.8%, respectively, vs. 32.7%; P=0.69). (N Engl J Med 2012;366:310-20.)

長いんですが、下線部が比較的に前に来ているおかげで、読みやすくなっています。このテクニックは真似たいところ。

CONCLUSIONS

The addition of bevacizumab to neoadjuvant chemotherapy significantly increased the rate of pathological complete response, which was the primary end point of this study. (N Engl J Med 2012;366:310-20.)

これは新手の「結語」文ですね。最後の締めに、下線部を持ってくるところで、だめ押しとなっています。が、うがった読み方をすれば、ここで再度「プライマリー・エンドポイントはね」って繰り返さないと論旨がぼけてしまう書き方だったのか、とも。

いかがでしたか?長い一文をくじけずに読み通す、よい練習材料でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。