■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
科別医療過誤リスクの評価(ただし米国): N Engl J Med 2011; 365:629-636.(August 18, 2011)
「隣の芝生は青い」と言いますが、自分の専門領域に邁進していても、ふと、他領域が魅力的に思えるときというのはあります。もちろん、その逆で、「これやっててよかった」と痛感するときもあるわけですが。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Malpractice Risk According to Physician Specialty (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりに感じられます。

Data are lacking on the proportion of physicians who face malpractice claims in a year, the size of those claims, and the cumulative career malpractice risk according to specialty. (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

では、早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Data are lacking on the proportion of physicians who face malpractice claims in a year, the size of those claims, and the cumulative career malpractice risk according to specialty. (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

malpractice 医療過誤

METHODS

For 25 specialties, we reported the proportion of physicians who had malpractice claims in a year, the proportion of claims leading to an indemnity payment (compensation paid to a plaintiff), and the size of indemnity payments. (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

indemnity 賠償金

RESULTS

The proportion of physicians facing a claim each year ranged from 19.1% in neurosurgery, 18.9% in thoracic–cardiovascular surgery, and 15.3% in general surgery to 5.2% in family medicine, 3.1% in pediatrics, and 2.6% in psychiatry. (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

長い文章ですが、from ... to ... を押さえます。多い方から並べてありますね。

CONCLUSIONS

It was estimated that by the age of 65 years, 75% of physicians in low-risk specialties had faced a malpractice claim, as compared with 99% of physicians in high-risk specialties. (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

現役65歳までの間に、75-99%の医師が医療過誤の訴訟に直面するというのはかなりインパクトのある結果です。

CONCLUSIONS

The cumulative risk of facing a malpractice claim is high in all specialties, although most claims do not lead to payments to plaintiffs. (N Engl J Med 2011;365:629-36.)

plaintiffs 原告

いかがでしたか?法律用語も出てくる内容でした。それにしても、恐るべし!というのが感想です。こんな高率で訴訟されては、あえて医師になる覚悟も萎えそうです(ただし私の場合)。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:52:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。