■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

アブストラクトで疾患概念をつかむ: N Engl J Med 2011; 365:620-628.(August 18, 2011)
疾患の病因探求をテーマにした論文を執筆しているのは、その領域の専門家です。論文全部を読破するのはしんどくても、アブストラクト250語くらいはなんとかなりますから、そこで、知識のエッセンスを吸収しましょう。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Interleukin-36–Receptor Antagonist Deficiency and Generalized Pustular Psoriasis (N Engl J Med 2011;365:620-8.)

今回の「ハテナ起点」はうっすらとこのあたりににじんでいます。

Generalized pustular psoriasis is a life-threatening disease of unknown cause. (N Engl J Med 2011;365:620-8.)

では、早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Generalized pustular psoriasis is a life-threatening disease of unknown cause. (N Engl J Med 2011;365:620-8.)

Generalized pustular psoriasis 汎発性膿疱性乾癬

続く文で、この疾患についてまとめられています。

METHODS

We performed homozygosity mapping and direct sequencing in nine Tunisian multiplex families with autosomal recessive generalized pustular psoriasis. (N Engl J Med 2011;365:620-8.)

和文論文ではしばしば「主語」があいまいな文をみかけます。ここではしっかりと、Weを使ってますね。こういうところ、細かいですけど、自分が書くときのために、チェックしておきます。

RESULTS

We identified significant linkage to an interval of 1.2 megabases on chromosome 2q13-q14.1 and a homozygous missense mutation in IL36RN, encoding an interleukin-36–receptor antagonist (interleukin-36Ra), an antiinflammatory cytokine. (N Engl J Med 2011;365:620-8.)

この語は「統計」の裏付けがあるときに使われます。アブストラクト中に数値はなくても、本文には記載されています。

CONCLUSIONS

Aberrant interleukin-36Ra structure and function lead to unregulated secretion of inflammatory cytokines and generalized pustular psoriasis. (N Engl J Med 2011;365:620-8.)

lead to ~を引き起こす

いかがでしたか?疾患の骨子はつかめたのではないでしょうか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:42:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad