■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

食中毒の原因を突き止める: N Engl J Med 2011; 365:601-610. (August 18, 2011)
防げそうでなかなか防ぎきれないのが食中毒です。上手の手から水が漏れる、というのでしょうか。思わぬ死角から感染が拡大します。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Salmonella Typhimurium Infections Associated with Peanut Products (N Engl J Med 2011;365:601-10.)

今回も「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Contaminated food ingredients can affect multiple products, each distributed through various channels and consumed in multiple settings. (N Engl J Med 2011;365:601-10.)

ingredients 含有物

canが使われていますね。「canは潜在」(ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)、大西泰斗、ポール・マクベイ著、NHK出版)でしたね。「そういうリスクも秘めているんだよ」ということです。

METHODS

A case was defined as laboratory-confirmed infection with the outbreak strain of Salmonella Typhimurium occurring between September 1, 2008, and April 20, 2009. (N Engl J Med 2011;365:601-10.)

Salmonella Typhimurium ネズミチフス菌

RESULTS

Among 714 case patients identified in 46 states, 166 (23%) were hospitalized and 9 (1%) died. In study 1, illness was associated with eating any peanut butter (matched odds ratio, 2.5; 95% confidence interval [CI], 1.3 to 5.3), peanut butter–containing products (matched odds ratio, 2.2; 95% CI, 1.1 to 4.7), and frozen chicken products (matched odds ratio, 4.6; 95% CI, 1.7 to 14.7). (N Engl J Med 2011;365:601-10.)

オッズ比の数値がすごいですね。ここから、更に、ピーナッツバター関連に絞り込まれていきます。

RESULTS

Ingredient-driven outbreaks are challenging to detect and may lead to widespread contamination of numerous food products. (N Engl J Med 2011;365:601-10.)

ここではmayが使われています。mayは「閉ざされていない」というイメージです(「ハートで感じる英文法」より)。

いかがでしたか?食中毒の原因として食品含有物であったピーナッツバターを突き止めるのは非常に労力が要ったのではないでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:08:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad