■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文のホネを押さえる: N Engl J Med 2011;364(11):1016-26.
意味を明確にするために短文を重ねて文章を仕上げるのは科学論文ではよく見られる構成です。
でも、長い一文で一気に説明してしまおう、というものも時にあります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Quality of Life after PCI with Drug-Eluting Stents or Coronary-Artery Bypass Surgery (N Engl J Med 201;364:1016-26.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The effect of PCI with the use of drug-eluting stents on these outcomes is unknown. (N Engl J Med 201;364:1016-26.)

おなじみの"is unknown"構文です。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Previous studies have shown that among patients undergoing multivessel revascularization, coronary-artery bypass grafting (CABG), as compared with percutaneous coronary intervention (PCI) either by means of balloon angioplasty or with the use of bare-metal stents, results in greater relief from angina and improved quality of life. (N Engl J Med 201;364:1016-26.)

長い文で、途中で迷子になりそうですが、ホネは下線部です。

METHODS

The primary end point was the score on the angina-frequency subscale of the SAQ (on which scores range from 0 to 100, with higher scores indicating better health status). (N Engl J Med 201;364:1016-26.)

一次エンドポイントの説明です。カッコ内はSAQの解説です。

RESULTS

The score on the angina-frequency subscale of the SAQ increased to a greater extent with CABG than with PCI at both 6 and 12 months (P=0.04 and P=0.03, respectively), but the between-group differences were small (mean treatment effect of 1.7 points at both time points). (N Engl J Med 201;364:1016-26.)

6,12か月目の評価では、CABGがPCIよりも有意にスコアがよかった、しかしその差はわずかであった、という結果数値です。これをどう解釈するか、は次のCONCLUSIONSにあります。

CONCLUSIONS

Among patients with three-vessel or left main coronary artery disease, there was greater relief from angina after CABG than after PCI at 6 and 12 months, although the extent of the benefit was small. (N Engl J Med 201;364:1016-26.)

数値を文章化するときに著者らの主観が反映されます。RESULTSの数値と合わせて読み、自分の解釈と比較することが必要です。

いかがでしたか?このあたり、学会でパネルディスカッションなどで取り上げると、議論が熱いんじゃないかなと部外者ながら思います(既に「終わった」テーマなのかもしれませんが)。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:29:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。