■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
すらりと読める構成ですが: N Engl J Med 2011;364(11):1005-11.
シンプルな構成で、研究の流れもスムーズであれば、すんなりと流れに沿って読むことができます。
今回のアブストラクトはその一例です。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Randomized Trial of Omalizumab (Anti-IgE) for Asthma in Inner-City Children (N Engl J Med 2011;364:1005-11.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりでしょうか?

It has also revealed the limitations of environmental remediation and guidelines-based therapy in achieving greater disease control. (N Engl J Med 2011;364:1005-11.)

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Research has underscored the effects of exposure and sensitization to allergens on the severity of asthma in inner-city children. (N Engl J Med 2011;364:1005-11.)

underscored 強調する

METHODS

The trial was conducted for 60 weeks, and the primary outcome was symptoms of asthma. (N Engl J Med 2011;364:1005-11.)

一次アウトカムは「喘息症状」です。

RESULTS

Among 419 participants who underwent randomization (at which point 73% had moderate or severe disease), omalizumab as compared with placebo significantly reduced the number of days with asthma symptoms, from 1.96 to 1.48 days per 2-week interval, a 24.5% decrease (P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:1005-11.)

有症状日数が有意に減少したとあります。95%CIの表記はありません。

CONCLUSIONS

When added to a regimen of guidelines-based therapy for inner-city children, adolescents, and young adults, omalizumab further improved asthma control, nearly eliminated seasonal peaks in exacerbations, and reduced the need for other medications to control asthma. (N Engl J Med 2011;364:1005-11.)

RESULTS部分を文章にした結論です。下線部はやや抽象化しすぎているような印象があります。

いかがでしたか?全体的に「文章」として読みやすい内容ですが、アブストラクトとしてはもう少し統計処理した数字を入れて説得力を増した方がいいかな、という印象を受けました。(もちろん、本文には記載されていますが。)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:37:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。