■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アブストラクトの最後にいつもついてるもの: N Engl J Med 2011;364(9):852-60.
これまで特に取り上げたことはありませんでしたが、アメリカ発の研究ではアブストラクトに必ずついているものがあります。たとえば、こんな風に...

(Supported by the VA Cooperative Studies Program and Ortho-McNeil Janssen Scientific Affairs; ClinicalTrials.gov number, NCT00132314.)
(N Engl J Med 2011;365:842-51.)

これは前回取り上げた、Long-Acting Risperidone and Oral Antipsychotics in Unstable Schizophreniaのアブストラクト最後尾に書かれています。

このClinicalTrials.govについてSpecial Articleが掲載されていますので,読んでみましょう。
下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

The ClinicalTrials.gov Results Database ― Update and Key Issues (N Engl J Med 2011;364:852-60.)

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

We summarize the structure and contents of the results database, provide an update of relevant policies, and show how the data can be used to gain insight into the state of clinical research. (N Engl J Med 2011;364:852-60.)

gain insight into ~の洞察力を得る、~を理解する

METHODS

We analyzed ClinicalTrials.gov data that were publicly available between September 2009 and September 2010. (N Engl J Med 2011;364:852-60.)

かなり直近のデータになります。

RESULTS

As of September 27, 2010, ClinicalTrials.gov received approximately 330 new and 2000 revised registrations each week, along with 30 new and 80 revised results submissions. (N Engl J Med 2011;364:852-60.)

As of ~現在で
これは使ってみた表現ですね。

CONCLUSIONS

Although the database allows examination of various aspects of ongoing and completed clinical trials, its ultimate usefulness depends on the research community to submit accurate, informative data. (N Engl J Med 2011;364:852-60.)

なかなか耳の痛い指摘で締めくくっています。

いかがでしたか?今まで大して気にも留めずに飛ばしてきましたが、実はClinicalTrials.govってこういうものだったのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:23:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。