■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3月25日より5月1日まで全文無料閲覧可!: N Engl J Med 2011;364(7):616-26.
震災対応で、The New England Journal of Medicineでは、日本からのアクセスに限り、5月1日まで、1990年以降の全論文について無料全文閲覧可能の措置を取っています。
もちろん、最新号もその対象です。

しばらく更新が滞っておりました。
今、私に出来ることをやるという意味でも、まだ取り上げていない論文を順次、記事にしていきます。
(時間の制約上、通常と構成が異なることが多々あります。ご了承くださいね。)

というわけで、今回は2月17日号の2番目掲載の論文から。
下記のタイトルをクリックすると全文を閲覧できます

Risk HLA-DQA1 and PLA2R1 Alleles in Idiopathic Membranous Nephropathy (N Engl J Med 2011;364:616-26.)

今回の「ハテナ起点(論文のもとになった疑問)」はこちら。

Idiopathic membranous nephropathy is a major cause of the nephrotic syndrome in adults, but its etiologic basis is not fully understood. (N Engl J Med 2011;364:616-26.)

では、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Idiopathic membranous nephropathy is a major cause of the nephrotic syndrome in adults, but its etiologic basis is not fully understood. (N Engl J Med 2011;364:616-26.)

"a"を使っていますよ。「定まらない」イメージでしたね。

METHODS

Associations were calculated by means of a chi-square basic allele test; the threshold for significance was adjusted for multiple comparisons (with the Bonferroni method). (N Engl J Med 2011;364:616-26.)

使用した統計手法が記載されています。
多重比較なので the Bonferroni法を使ったとあります。

RESULTS

The odds ratio for idiopathic membranous nephropathy with homozygosity for both risk alleles was 78.5 (95% confidence interval, 34.6 to 178.2). (N Engl J Med 2011;364:616-26.)

オッズ比は78.5で、95%CI 34.6-178.2でした。かなり強力な要因のようですね。

CONCLUSIONS

Our findings suggest a basis for understanding this disease and illuminate how adaptive immunity is regulated by HLA. (N Engl J Med 2011;364:616-26.)

illuminate 明らかにする

シンプルでスタンダードながら、「使える」締めの構文です。

いかがでしたか?遺伝子・免疫系が苦手、でも、そこは適当にすっとばして読んでもOKです。ともかく、250-300語の英語を最後まで見る、ことに効き目あり、ですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:14:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。