■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

膵神経内分泌腫瘍へのphase3をもう1本: N Engl J Med 2011;364(6):514-23.
NEJM Feb.10号は膵神経内分泌腫瘍特集だったようで、phase3の治験薬がもう一つ掲載されています。
下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Everolimus for Advanced Pancreatic Neuroendocrine Tumors (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

今回も「ハテナ起点」は提示されていません。

ではまず、Stat-Readingから。

研究デザイン


in a prospective, randomized, phase 3 study
第3相試験です。

一次エンドポイント


The primary end point was progression-free survival in an intention-to-treat analysis. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

一次エンドポイントの数値結果


The median progression-free survival was 11.0 months with everolimus as compared with 4.6 months with placebo (hazard ratio for disease progression or death from any cause with everolimus, 0.35; 95% confidence interval [CI], 0.27 to 0.45; P<0.001), representing a 65% reduction in the estimated risk of progression or death. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

結論


Everolimus, as compared with placebo, significantly prolonged progression-free survival among patients with progressive advanced pancreatic neuroendocrine tumors and was associated with a low rate of severe adverse events. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

次にアブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Everolimus, an oral inhibitor of mammalian target of rapamycin (mTOR), has shown antitumor activity in patients with advanced pancreatic neuroendocrine tumors, in two phase 2 studies. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

2つの既報について簡潔にまとめた一文です。

METHODS

In the case of patients in whom radiologic progression occurred during the study, the treatment assignments could be revealed, and patients who had been randomly assigned to placebo were offered open-label everolimus. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

途中で進行が認められた場合の対応について記載されています。

RESULTS

Estimates of the proportion of patients who were alive and progression-free at 18 months were 34% (95% CI, 26 to 43) with everolimus as compared with 9% (95% CI, 4 to 16) with placebo. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

95%信頼区間を見る限り、なかなか有望な結果となっていますね。

CONCLUSIONS

Everolimus, as compared with placebo, significantly prolonged progression-free survival among patients with progressive advanced pancreatic neuroendocrine tumors and was associated with a low rate of severe adverse events. (N Engl J Med 2011;364:514-23.)

結果数値を文章化しています。

いかがでしたか?こちらも見込みがありそうですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad