■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
治験の進むステップ: N Engl J Med 2011;364(6):501-13.
Appleに関心のある人には気になる「膵神経内分泌腫瘍」ですが、その治療薬についての報告がNEJM Feb.10号に掲載されています。
下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Sunitinib Malate for the Treatment of Pancreatic Neuroendocrine Tumors (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

ではまずは、Stat-Readingから。

研究デザイン


a multinational, randomized, double-blind, placebo-controlled phase 3 trial

第3相試験です。

一次エンドポイント


The primary end point was progression-free survival (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

一次エンドポイントの結果数値

Median progression-free survival was 11.4 months in the sunitinib group as compared with 5.5 months in the placebo group (hazard ratio for progression or death, 0.42; 95% confidence interval [CI], 0.26 to 0.66; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

HRの95%CIが0.26-0.66というのはかなりよい成績ではないでしょうか?

結論


Continuous daily administration of sunitinib at a dose of 37.5 mg improved progression-free survival, overall survival, and the objective response rate as compared with placebo among patients with advanced pancreatic neuroendocrine tumors. (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

次にアブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

The multitargeted tyrosine kinase inhibitor sunitinib has shown activity against pancreatic neuroendocrine tumors in preclinical models and phase 1 and 2 trials. (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

治験は下線部のように段階を踏んで進められます。

METHODS

We conducted a multinational, randomized, double-blind, placebo-controlled phase 3 trial of sunitinib in patients with advanced, well-differentiated pancreatic neuroendocrine tumors. (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

グローバルな展開を睨んだ対象群設定となっていますね。内訳を見ると(本文参照)、人種、地域を広くカバーしています。

RESULTS

The study was discontinued early, after the independent data and safety monitoring committee observed more serious adverse events and deaths in the placebo group as well as a difference in progression-free survival favoring sunitinib. (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

第3相試験は早期終了となりました。その理由は治験薬の不具合ではありませんでした。

CONCLUSIONS

Continuous daily administration of sunitinib at a dose of 37.5 mg improved progression-free survival, overall survival, and the objective response rate as compared with placebo among patients with advanced pancreatic neuroendocrine tumors. (N Engl J Med 2011;364:501-13.)

この"among"は使えそうでいて、実際には出てこないかも、という気がします。チェック!

いかがでしたか?かなり有望な治療薬のように思えますが、臨床の場に出てくるでしょうか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。