■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

比較が盛りだくさんなとき: N Engl J Med 2011;364(9):797-805.
ひとつの論文にたくさんの比較研究が盛り込まれているとき、「お得感」を感じる向きもありそうですが、読むときには混乱しないように、下線でも引っ張っておくのもいいかもしれません。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Diuretic Strategies in Patients with Acute Decompensated Heart Failure (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

今回の「ハテナ起点(リサーチクエスチョン)」はこちら。

Loop diuretics are an essential component of therapy for patients with acute decompensated heart failure, but there are few prospective data to guide their use. (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

「全体像→絞り込んだ疑問点」という展開です。

まずは、ささっとStat-Readingです。

研究デザイン


In a prospective, double-blind, randomized trial,... (N Engl J Med 2011;364:797-805.)
前向き二重盲検ランダム化試験です。

一次エンドポイント


The coprimary end points were patients' global assessment of symptoms, quantified as the area under the curve (AUC) of the score on a visual-analogue scale over the course of 72 hours, and the change in the serum creatinine level from baseline to 72 hours. (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

一次エンドポイント結果数値


これはRESULTSの大部分なので、引用は割愛します。

結論

Among patients with acute decompensated heart failure, there were no significant differences in patients' global assessment of symptoms or in the change in renal function when diuretic therapy was administered by bolus as compared with continuous infusion or at a high dose as compared with a low dose. (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

次に、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Loop diuretics are an essential component of therapy for patients with acute decompensated heart failure, but there are few prospective data to guide their use. (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

たった一文ですが、この研究の動機をずばりと表現しています。前向き試験のデータが欲しい、ということです。

METHODS

In a prospective, double-blind, randomized trial, we assigned 308 patients with acute decompensated heart failure to receive furosemide administered intravenously by means of either a bolus every 12 hours or continuous infusion and at either a low dose (equivalent to the patient's previous oral dose) or a high dose (2.5 times the previous oral dose). (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

下線をふたつ引いたように、ここには2種類の比較研究が組み込まれています。混乱しないようにおさえておきましょう。

RESULTS

In the comparison of bolus with continuous infusion, there was no significant difference in patients' global assessment of symptoms (mean AUC, 4236±1440 and 4373±1404, respectively; P=0.47) or in the mean change in the creatinine level (0.05±0.3 mg per deciliter [4.4±26.5 μmol per liter] and 0.07±0.3 mg per deciliter [6.2±26.5 μmol per liter], respectively; P=0.45). (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

こちらはひとつ目の比較研究の結果です。

In the comparison of the high-dose strategy with the low-dose strategy, there was a nonsignificant trend toward greater improvement in patients' global assessment of symptoms in the high-dose group (mean AUC, 4430±1401 vs. 4171±1436; P=0.06). There was no significant difference between these groups in the mean change in the creatinine level (0.08±0.3 mg per deciliter [7.1±26.5 μmol per liter] with the high-dose strategy and 0.04±0.3 mg per deciliter [3.5±26.5 μmol per liter] with the low-dose strategy, P=0.21). (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

2文に分かれていますが、こちらはふたつ目の比較研究の結果です。

CONCLUSIONS

Among patients with acute decompensated heart failure, there were no significant differences in patients' global assessment of symptoms or in the change in renal function when diuretic therapy was administered by bolus as compared with continuous infusion or at a high dose as compared with a low dose. (N Engl J Med 2011;364:797-805.)

ここで"or"が使われていることにも目を光らせておきましょう。

いかがでしたか?投与方法でも投与量でも有意差は出ませんでした。そうなると、よりよい結果をもたらす利尿剤の使用方法とはどんなものになるのでしょうか?今回の検討から導かれる、著者らの提案を聞いてみたい気がしますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad