■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

ずばっと書き出す: N Engl J Med 2011;364(4):332-9.
手紙にしろ論文にしろ、なんとなく「前置き」の話から入りがちですが、文字数制限のあるアブストラクトでは、ずばっと本論から始めます。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Induced First-Trimester Abortion and Risk of Mental Disorder (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

今回の「ハテナ表現」はこちら。

Concern has been expressed about potential harm to women's mental health in association with having an induced abortion, but it remains unclear whether induced abortion is associated with an increased risk of subsequent psychiatric problems. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

定番の"remains unclear"ですね。

では、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Concern has been expressed about potential harm to women's mental health in association with having an induced abortion, but it remains unclear whether induced abortion is associated with an increased risk of subsequent psychiatric problems. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

単刀直入ですが、読者をぐっとたぐり寄せますね。まねしたいです。

METHODS

We conducted a population-based cohort study that involved linking information from the Danish Civil Registration system to the Danish Psychiatric Central Register and the Danish National Register of Patients. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

コホート研究です。

The information consisted of data for girls and women with no record of mental disorders during the 1995–2007 period who had a first-trimester induced abortion or a first childbirth during that period. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

第一期中絶群と初産群での検討です。これは、「前向きコホート研究」と考えていいのでしょうか?

RESULTS

The relative risk of a psychiatric contact did not differ significantly after abortion as compared with before abortion (P=0.19) but did increase after childbirth as compared with before childbirth (P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

それぞれの群について、イベント前後の相対リスクを出しています。これによると出産による相対リスクの上昇がみられたようです。

CONCLUSIONS

The finding that the incidence rate of psychiatric contact was similar before and after a first-trimester abortion does not support the hypothesis that there is an increased risk of mental disorders after a first-trimester induced abortion. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

オーソドックスながら使い道の多い文型ですね。チェック!

いかがでしたか?地道な検討ですが、出産(中絶含む)に関するメンタル障害の解明につながるものだと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad