■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイトルからたどり読み: N Engl J Med 2011;364(4):303-12.
うまくつけられたタイトルは、アブストラクトや本文を読むときのいい道しるべになります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Prevention of Dialysis Catheter Malfunction with Recombinant Tissue Plasminogen Activator (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

今回の「ハテナ表現」はこちら。

The effectiveness of various solutions instilled into the central venous catheter lumens after each hemodialysis session (catheter locking solutions) to decrease the risk of catheter malfunction and bacteremia in patients undergoing hemodialysis is unknown. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

主部が長いのですが、いつもの"is unknown"です。

では、Stat-Reading、いってみましょう。

統計デザイン


We randomly assigned 225 patients ... (N Engl J Med 2011;364:303-12.)
treatment assignments were concealed from the patients, investigators, and trial personnel. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

割り付けはブラインドで実施されています。

一次エンドポイント


The primary outcome was catheter malfunction, ...

一次エンドポイント結果数値


A catheter malfunction occurred in 40 of the 115 patients assigned to heparin only (34.8%) and 22 of the 110 patients assigned to rt-PA (20.0%) ― an increase in the risk of catheter malfunction by a factor of almost 2 among patients treated with heparin only as compared with those treated with rt-PA once weekly (hazard ratio, 1.91; 95% confidence interval [CI], 1.13 to 3.22; P=0.02). (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

ハザード比1.91で、95%CIは1.13-3.22です。これはかなり、効いている結果と判断できます。

結論


The use of rt-PA instead of heparin once weekly, as compared with the use of heparin three times a week, as a locking solution for central venous catheters significantly reduced the incidence of catheter malfunction and bacteremia. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

The effectiveness of various solutions instilled into the central venous catheter lumens after each hemodialysis session (catheter locking solutions) to decrease the risk of catheter malfunction and bacteremia in patients undergoing hemodialysis is unknown. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

下線部に、後述される一次エンドポイントと副次エンドポイントが出ています。
タイトルからの流れで、すんなりとアブストラクトに入れる冒頭となっていますね。

METHODS

We randomly assigned 225 patients undergoing long-term hemodialysis in whom a central venous catheter had been newly inserted to a catheter-locking regimen of heparin (5000 U per milliliter) three times per week or recombinant tissue plasminogen activator (rt-PA) (1 mg in each lumen) substituted for heparin at the midweek session (with heparin used in the other two sessions). (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

自分で書くとなると悩みそうな内容ですが、英語では意外にすっきりした表現になります。チェック!

RESULTS

A catheter malfunction occurred in 40 of the 115 patients assigned to heparin only (34.8%) and 22 of the 110 patients assigned to rt-PA (20.0%) ― an increase in the risk of catheter malfunction by a factor of almost 2 among patients treated with heparin only as compared with those treated with rt-PA once weekly (hazard ratio, 1.91; 95% confidence interval [CI], 1.13 to 3.22; P=0.02). (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

by a factor of almost 2 約2倍

書き出しの"A"もチェックしましょう。"The"にはなりません。

CONCLUSIONS

The use of rt-PA instead of heparin once weekly, as compared with the use of heparin three times a week, as a locking solution for central venous catheters significantly reduced the incidence of catheter malfunction and bacteremia. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

結果数値を文章化したものです。タイトルとも呼応しています。

いかがでしたか?アブストラクトでは、なぜ3回のうち1回だけtPAに替えるとこれだけの効果が出たのかについては言及していません。気になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。