■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
安全な血液供給のために: N Engl J Med 2011;364(3):236-47.
人工血液の研究は進んでいますが、まだまだ、汎用・実用には時間がかかりそうです。それまでは、献血由来の人血に頼らざるを得ないのですが、問題となるのはその安全性です。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Nucleic Acid Testing to Detect HBV Infection in Blood Donors (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていませんが、強いて言えば下線部あたりでしょうか。

The current use of nucleic acid testing for detection of the human immunodeficiency virus (HIV) and hepatitis C virus (HCV) RNA and HBV DNA in a single triplex assay may provide additional safety. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

では、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

However, donors who are positive for HBV DNA are currently not identified during the window period before seroconversion. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

ここは"the"です。ひとつにぴしっと決まる感じです。

METHODS

We determined the serologic, biochemical, and molecular features of samples that were found to contain only HBV DNA and performed similar analyses of follow-up samples and samples from sexual partners of infected donors. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

2つの文がandでつながった文です。長いのでくらくらしないように。

RESULTS

We identified 9 donors who were positive for HBV DNA (1 in 410,540 donations), including 6 samples from donors who had received the HBV vaccine, in whom subclinical infection had developed and resolved. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

英語らしく、あとからあとから、次々と説明がくっつく形です。

CONCLUSIONS

(Funded by the American Red Cross and others.) (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

アメリカ赤十字ほかからの助成研究なので、この検査はこのあとグローバルに展開されるのか、気になります。

いかがでしたか?輸血後肝炎から肝がんを発症した患者さんを治療した経験から、輸血後感染がゼロとなる日が早急に来ることを心から願います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。