■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スタンダードな型を学ぶ: N Engl J Med 2011;364(1):11-21.
Tne New England Journal of Medicineのアブストラクトは250語以内と決められています。その中に伝えたい情報をもれなく入れ、かつ、読者にアピールしようとすると、自ずからどこに何を書くかという「型」が定まってきます。
今回のアブストラクトは、その「型」が非常にわかりやすいものとなっています。

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Eplerenone in Patients with Systolic Heart Failure and Mild Symptoms (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

このアブストラクトには「ハテナ起点(論文のきっかけとなった疑問)」は明示されていません。

最初に、このアブストラクトから読み取れる"Stat-reading"(統計処理内容を反映したダイジェスト)を提示しておきます。

Stat-Reading

研究デザイン

randomized, double-blind trial
一次アウトカム

The primary outcome was a composite of death from cardiovascular causes or hospitalization for heart failure. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)
一次アウトカムの結果

The primary outcome occurred in 18.3% of patients in the eplerenone group as compared with 25.9% in the placebo group (hazard ratio, 0.63; 95% confidence interval [CI], 0.54 to 0.74; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:11-21.)
結論

Eplerenone, as compared with placebo, reduced both the risk of death and the risk of hospitalization among patients with systolic heart failure and mild symptoms. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

では、アブストラクトを順に読んでいきましょう。

BACKGROUND

We evaluated the effects of eplerenone in patients with chronic systolic heart failure and mild symptoms. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)
 この前の文では、patients with chronic, severe systolic heart failureでした。この検討では、比較的症状の軽い心不全患者を対象とするとしています。

METHODS

In this randomized, double-blind trial, we randomly assigned 2737 patients with New York Heart Association class II heart failure and an ejection fraction of no more than 35% to receive eplerenone (up to 50 mg daily) or placebo, in addition to recommended therapy.
(N Engl J Med 2011;364:11-21.)

研究デザインとしてrandomizedが入り、そのあとにもrandomlyがあります。重複していますが、強調していると見ておきましょう。一つに絞るとしたら、あとのrandomlyを取ることになるでしょうか。

The primary outcome was a composite of death from cardiovascular causes or hospitalization for heart failure. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

一次アウトカムは死亡と入院の複合となっています。

RESULTS

The primary outcome occurred in 18.3% of patients in the eplerenone group as compared with 25.9% in the placebo group (hazard ratio, 0.63; 95% confidence interval [CI], 0.54 to 0.74; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

ハザード比の95%CIが0.54-0.74なので、かなりいい成績ですね。このあとに続く記載で、複合アウトカムのそれぞれについての検討結果を示しています。

CONCLUSIONS

Eplerenone, as compared with placebo, reduced both the risk of death and the risk of hospitalization among patients with systolic heart failure and mild symptoms. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

RESULTSでの一次アウトカムの結果を文章化するとこうなります。

いかがでしたか?アブストラクトの文章構成もスムーズでした。参考になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。





今回から、できるだけ「統計的視点からの読み Stat-Reading」も入れてみます。
statという語は、statistics 統計学と、stat 迅速という意味の両方をかけています。
敢えて和訳するなら「迅速統計読み」とでもなりますかしらん...

目下、試行錯誤中なので、この先どうなるかはわからないのですが...

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad