■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイトルで"?"と思ったら: N Engl J Med 2010;363(25):2406-15.
本の題でも子どもの名前でも、名付け、というのはなかなか難しいものです。
論文のタイトルを長すぎず短すぎず、わかりやすくかつ興味を引くようにつける、これも大変なことです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Safety of Anacetrapib in Patients with or at High Risk for Coronary Heart Disease (N Engl J Med 2010;363:2406-15.)

このタイトル、ぱっと見で意味が取れますか?
私は"or"が何と何を結んでいるのか、続きを読むまではっきりわかりませんでした。

今回は「ハテナ起点」はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Anacetrapib is a cholesteryl ester transfer protein inhibitor that raises high-density lipoprotein (HDL) cholesterol and reduces low-density lipoprotein (LDL) cholesterol. (N Engl J Med 2010;363:2406-15.)

ここでは今回の検討対象となった薬剤について解説しています。

METHODS

We conducted a randomized, double-blind, placebo-controlled trial to assess the efficacy and safety profile of anacetrapib in patients with coronary heart disease or at high risk for coronary heart disease. (N Engl J Med 2010;363:2406-15.)

ここにタイトルでわからなかった語句のヒントがあります。
タイトルの"with"のあとには"coronary heart disease"が省略されていたのですね。

RESULTS

The prespecified Bayesian analysis indicated that this event distribution provided a predictive probability (confidence) of 94% that anacetrapib would not be associated with a 25% increase in cardiovascular events, as seen with torcetrapib. (N Engl J Med 2010;363:2406-15.)

ここで突然、別の薬剤であるtorcetrapibが出てきます。本文では前もって言及してあるのでしょうが、抄録を読んでいる限りでは唐突感は否めませんね。

CONCLUSIONS

Treatment with anacetrapib had robust effects on LDL and HDL cholesterol, had an acceptable side-effect profile, and, within the limits of the power of this study, did not result in the adverse cardiovascular effects observed with torcetrapib. (N Engl J Med 2010;363:2406-15.)

robust 強い

なるほどtoretrapibには下線部のような有害作用があったのですね。それを既知のこととして書かれたようです。

いかがでしたか?読み手にやや不親切な、ちょっと強引な書きぶりだったかな、という印象でした。タイトルももう一度よく読むと、一次エンドポイントのうちの一部である安全性だけをうたっていますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:40:01 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おそらく
たしかに抄録だけ読むと、少し説明不足で不親切な感じですね。私の推測では、本文作成後に、抄録を作成し文字制限の為にSentenceを間引いていったらこうなった、みたいな感じでしょうか?
NEJMに限ってそんなことはないと思いますが、私の経験上ではよくある事でした。最小文字数で正確にメインメッセージを伝えるのは意外と難しい作業です。最近では、このブログで書き溜めた表現集なるものを参考に、自分の言いたいことが適切に表現できるようになりました。
以前は3文で表現していたものが1文でできたりと、表現の幅がひろがって、本当に助かっております!
長文で失礼しました。Happy Holidayです。
2010-12-23 木 03:56:03 | URL | Taka [編集]
Re: おそらく
> たしかに抄録だけ読むと、少し説明不足で不親切な感じですね。私の推測では、本文作成後に、抄録を作成し文字制限の為にSentenceを間引いていったらこうなった、みたいな感じでしょうか?
> NEJMに限ってそんなことはないと思いますが、私の経験上ではよくある事でした。最小文字数で正確にメインメッセージを伝えるのは意外と難しい作業です。最近では、このブログで書き溜めた表現集なるものを参考に、自分の言いたいことが適切に表現できるようになりました。
> 以前は3文で表現していたものが1文でできたりと、表現の幅がひろがって、本当に助かっております!
> 長文で失礼しました。Happy Holidayです。
Takaさん
お返事遅くなりました。ごめんなさい。
おっしゃるように、間引いた果ての抄録かもしれませんね。そう思って読むと、そんな感じがしてきました。
抄録をさらに要約する、というような練習もいいかも、なんて思ってます。
今年もよろしくお願いいたします。
元旦
2011-01-01 土 21:37:43 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。