■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
nが小さくても:N Engl J Med 2010;363(25):2396-405.
統計的にサンプルサイズの決めるには、それまでに裏付けとなる研究が必要です。
その土台に不安があると、研究そのものも、たとえ結果が出たとしても、インパクトが弱くなります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Teriparatide and Osseous Regeneration in the Oral Cavity (N Engl J Med 2010;363:2396-405.)

今回は研究のきっかけとなった「ハテナ起点」が記載されています。

Although teriparatide has been evaluated for the treatment of osteoporosis and for the healing of fractures, clinical trials evaluating it for the treatment of osseous conditions of the oral cavity in humans are lacking. (N Engl J Med 2010;363:2396-405.)

"Although ... , ... is lacking."というパターンですね。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Intermittent administration of teriparatide, a drug composed of the first 34 amino acids of parathyroid hormone, has anabolic effects on bone. (N Engl J Med 2010;363:2396-405.)

下線部でteriparatideの説明を加えています。

METHODS

A total of 40 patients with severe, chronic periodontitis underwent periodontal surgery and received daily injections of teriparatide (20 μg) or placebo, along with oral calcium (1000 mg) and vitamin D (800 IU) supplementation, for 6 weeks. (N Engl J Med 2010;363:2396-405.)

サンプルサイズが40となっています。
「なんだか少ないなあ」と感じたら、それは「いい直観」です。

RESULTS

No serious adverse events were reported; however, the number of patients in the study was small. (N Engl J Med 2010;363:2396-405.)

結果の部分にサンプルサイズが小さいことに言及しているのは珍しいですね。しかも、語数の限られた抄録で入れる、というのは、かなりこの部分をレビュアーに突っ込まれたのかもしれません。

CONCLUSIONS

Teriparatide may offer therapeutic potential for localized bone defects in the jaw. (N Engl J Med 2010;363:2396-405.)

サンプルサイズのこともあって、でしょうか、余計に"may"が気になりますね。

いかがでしたか?サンプルサイズに問題があっても掲載されています。それだけ、内容には意義があるということなのでしょう。今回の検討をもとにして、再度パワー計算を行い、十分なサンプルサイズで出した結果を、是非、見たいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:20:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。