■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

書けるかな?と思いながら読む: N Engl J Med 2010;363:1621-30.
スキーでもテニスでも、上達する方法のひとつにイメージ・トレーニングがあります。
それと同じように、論文を読むときにも「自分でこれは書けるかな?」と思いながら文字を追ってみましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Expression of Follicle-Stimulating Hormone Receptor in Tumor Blood Vessels (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

今回は「ハテナ起点」は明記されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In adult humans, the follicle-stimulating hormone (FSH) receptor is expressed only in the granulosa cells of the ovary and the Sertoli cells of the testis. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

In adult humans ヒト成人において

何でもない表現ですが、この語順でぱっと出てきますか?

METHODS

We used immunohistochemical and immunoblotting techniques involving four separate FSH-receptor-specific monoclonal antibodies that recognize different FSH receptor epitopes and in situ hybridization to detect FSH receptor in tissue samples from patients with a wide range of tumors. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

with a wide range of tumors さまざまな腫瘍の

こういう時に"a wide range"を使うことをチェック。

RESULTS

In all 1336 patients examined, FSH receptor was expressed by endothelial cells in tumors of all grades, including early T1 tumors. The tumors were located in the prostate, breast, colon, pancreas, urinary bladder, kidney, lung, liver, stomach, testis, and ovary. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

In all 1336 patients examined 検討した全1336名の患者において

"patients examined"という言い回しはあまりこれまで見かけなかった気がします。シンプルですが必要十分ですね。

CONCLUSIONS

FSH receptor is selectively expressed on the surface of the blood vessels of a wide range of tumors. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

もう一回出てきました。ここでも不定冠詞"a"がついていますね。「ひとつに定まらないイメージ」(『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』、大西泰斗、ポール・マクベイ著)でしたね。

いかがでしたか?抄録などの短い文章でイメトレすると、読むときの視点が変わって、英語力アップになりますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:15:55 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
和訳と英訳
Dr. Joyさん、こんにちは。
私は翻訳の仕事で和訳も英訳もやっていますが、「自分でこれは書けるかな?」と思いながら和訳案件の原文を読んでいると、英訳の仕事の参考になったりします。こういうのはイメージトレーニングというのですね。
2010-10-28 木 15:32:55 | URL | mariko [編集]
想像力ですね
marikoさん、コメントありがとうございます。
トルシエさんがよく言っていましたが「日本人は想像力が足りない」と。
marikoさんのように実際に翻訳に携わっておられる方も「イメトレ」されてるんですね。「自分で書くとき」というアウトプットを想定しながら読むと、細かいところにも気がつきやすいように思います。
2010-10-29 金 06:39:58 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad