■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

自己測定を評価する: N Engl J Med 2010;363:1608-20.
糖尿病コントロールにおいては、血糖自己測定器が広く使用され、評価を得ています。
他の疾患(抗凝固療法が必要な疾患)ではどうでしょう?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Home Testing of International Normalized Ratio on Clinical Events (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりに見え隠れしています。

As compared with venous plasma testing, point-of-care INR measuring devices allow greater testing frequency and patient involvement and may improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

「五分五分のmay」ですね(大西泰斗・ポールマクベイ著、『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

As compared with venous plasma testing, point-of-care INR measuring devices allow greater testing frequency and patient involvement and may improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

point-of-care ベッドサイドで行う(検査)、自己測定

患者のすぐわきで行う、といったニュアンスから、「自己測定」と訳されることが多いようです。ちなみに、point-of-saleは店頭という意味で、POSと略されています。

METHODS

We randomly assigned 2922 patients who were taking warfarin because of mechanical heart valves or atrial fibrillation and who were competent in the use of point-of-care INR devices to either weekly self-testing at home or monthly high-quality testing in a clinic. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

competent 十分な、適当な

ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次の解説があります。

competent having enough skill or knowledge to do something to a satisfactory standard

The primary end point was the time to a first major event (stroke, major bleeding episode, or death). (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

一次エンドポイントを示しています。複合エンドポイントになっているようですね。

RESULTS

The time to the first primary event was not significantly longer in the self-testing group than in the clinic-testing group (hazard ratio, 0.88; 95% confidence interval, 0.75 to 1.04; P=0.14). (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

自己測定群とクリニック測定群では有意差はありませんでした。

At 2 years of follow-up, the self-testing group also had a small but significant improvement in patient satisfaction with anticoagulation therapy (P=0.002) and quality of life (P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

一次エンドポイントではないので参考情報ではありますが、「患者満足度」というのは臨床上重要な点だと思います。

CONCLUSIONS

These results do not support the superiority of self-testing over clinic testing in reducing the risk of stroke, major bleeding episode, and death among patients taking warfarin therapy. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

結果の解釈を示しています。「有意差がない」ことは「優位性をしめすものではない」と言っています。「同等である」とも言っていないので、そのあたりの意義をどうとらえるかが問題となってきますね。

いかがでしたか?どのような研究デザインであったのか気になるところです。本文をちらっと読みたくなりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:35:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
エンドポイント
>一次エンドポイントを示しています。複合エンドポイントになっているようですね。

これはどういう意味でしょう?
2010-10-26 火 13:45:40 | URL | ヨシダヒロコ [編集]
この論文では一次エンドポイントとして設定した項目が複数、つまり、stroke, major bleeding episode, or deathの3項目あります。これらはそれぞれ別の病態ですので、それぞれの発生数は異なります。それらを一括して「全発生数」としているので「複合エンドポイント(内訳があるエンドポイント)」であると判断しました。もし、ここでの一次エンドポイントがdeathのみであれば、それは複合エンドポイントではありません。複合エンドポイントで判断されている場合には、その内訳をたどって、どの項目が一番影響が大きかったのか(つまり発生数が大であったのか)をみておく必要があります。今回の3項目では、major bleeding episodeではどの程度をmajorと呼ぶのか、おそらく本文中では定義されているのでしょうが、そこに恣意的な判断が紛れ込む余地があったのかどうかも見ておくのが大切です。
2010-10-27 水 06:22:06 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad