■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
nevirapine論文、今度は小児の側から: N Engl J Med 2010;363:1510-20.
The New England Journal of Medicine Oct.14号最初の論文は、nevirapine投与について母体側から検討していました。次の論文は、逆サイド、つまり小児側からの検討です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Antiretroviral Treatment for Children with Peripartum Nevirapine Exposure (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

今回は、「ハテナ起点」が明記されていますよ。

The optimal antiretroviral treatment strategy for children who have had prior exposure to single-dose nevirapine is unknown. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

いつもの"is unknown"型です。

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Single-dose nevirapine is the cornerstone of the regimen for prevention of mother-to-child transmission of human immunodeficiency virus (HIV) in resource-limited settings, but nevirapine frequently selects for resistant virus in mothers and children who become infected despite prophylaxis. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

cornerstone 基礎、柱石

こういう「決め言葉」を使った書き出しには憧れを覚えます。かっこいいなあ、といつも思います。

METHODS

Enrollment in this cohort was terminated early on the recommendation of the data and safety monitoring board. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

検討が早期に終了した、というときに使える文です。チェック!

RESULTS

More children in the nevirapine group than in the ritonavir-boosted lopinavir group reached a primary end point (39.6% vs. 21.7%; weighted difference, 18.6 percentage-points; 95% confidence interval, 3.7 to 33.6; nominal P=0.02). (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

主語で既に比較するふたつを出してきています。読む側としてはすっきりと頭に入ってきますね。その分、文そのものは「頭でっかち」になってしまいますが。

CONCLUSIONS

Since nevirapine is used for both treatment and perinatal prevention of HIV infection in resource-limited settings, alternative strategies for the prevention of HIV transmission from mother to child, as well as for the treatment of HIV infection, are urgently required. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

明日への提言で締めくくっています。書き出しといい締めといい、非常に整った、そして洗練された抄録でした。こんな風にいつか書きたいなあ、と思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:04:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。