■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

October 23, 2008 vol.359 No17 (1757-65)
NEJM 10月23日号の原著論文を読んでいきましょう。
といっても、いつものように、無料で手に入るAbstract部分で勉強します。
1つめの論文は大腸ガンの化学療法についてです。
今日の注目表現はこちら。

Of the tumors evaluated for K-ras mutations, 42.3% had at least one mutation in exon 2 of the gene.

では早速タイトルから。
K-ras Mutations and Benefit from Cetuximab in Advanced Colorectal Cancer

Advanced 進行した
 日本語でも使いますね、「アドバンス(ト)だった」とか。この(ト)を日頃から口にしておけば、書くときに間違えません。(やや小さめに言う方が、嫌みじゃないと思いますが。)

本文へ入ります。

Background Treatment with cetuximab, a monoclonal antibody directed against the epidermal growth factor receptor, improves overall and progression-free survival and preserves the quality of life in patients with colorectal cancer that has not responded to chemotherapy. The mutation status of the K-ras gene in the tumor may affect the response to cetuximab and have treatment-independent prognostic value.

preserves 保つ
may ~し得る
 大西先生の「ハートで感じる英文法」によれば、「mayのイメージは閉ざされていないこと」。だから、可能性がある、という意味になります。

Methods We analyzed tumor samples, obtained from 394 of 572 patients (68.9%) with colorectal cancer who were randomly assigned to receive cetuximab plus best supportive care or best supportive care alone, to look for activating mutations in exon 2 of the K-ras gene. We assessed whether the mutation status of the K-ras gene was associated with survival in the cetuximab and supportive-care groups.

analyzed 分析した、解析した

Results Of the tumors evaluated for K-ras mutations, 42.3% had at least one mutation in exon 2 of the gene. The effectiveness of cetuximab was significantly associated with K-ras mutation status (P=0.01 and P<0.001 for the interaction of K-ras mutation status with overall survival and progression-free survival, respectively). In patients with wild-type K-ras tumors, treatment with cetuximab as compared with supportive care alone significantly improved overall survival (median, 9.5 vs. 4.8 months; hazard ratio for death, 0.55; 95% confidence interval [CI], 0.41 to 0.74; P<0.001) and progression-free survival (median, 3.7 months vs. 1.9 months; hazard ratio for progression or death, 0.40; 95% CI, 0.30 to 0.54; P<0.001). Among patients with mutated K-ras tumors, there was no significant difference between those who were treated with cetuximab and those who received supportive care alone with respect to overall survival (hazard ratio, 0.98; P=0.89) or progression-free survival (hazard ratio, 0.99; P=0.96). In the group of patients receiving best supportive care alone, the mutation status of the K-ras gene was not significantly associated with overall survival (hazard ratio for death, 1.01; P=0.97).

Of the tumors evaluated 評価した腫瘍中、
 この書き出しは本当に多いですね。NEJMのeditor好みなんでしょうか。
there was no significant difference between ~間に有意差はなかった
 もうおなじみですよね、この表現。

Conclusions Patients with a colorectal tumor bearing mutated K-ras did not benefit from cetuximab, whereas patients with a tumor bearing wild-type K-ras did benefit from cetuximab. The mutation status of the K-ras gene had no influence on survival among patients treated with best supportive care alone.

benefit from ~の恩恵を受ける
whereas 一方
 2つの事項を対比して書くときによく使います。便利ですよ。
had no influence on ~に影響を及ぼさなかった

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

ご意見ご感想、いつでもお待ちしてます。


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:35:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad