■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

NEJM Podcasting:Sep. 30, 2010.
The New England Journal of Medicine Sep.30号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。

下記のタイトルをクリックしてみてください。ポッドキャストのRSSフィードのサイトに飛びます。
そこから聴きたい号をクリックしてくださいね。

Current Issue: September 30, 2010 Weekly Audio Summary

では、いつものように冒頭のヘッドライン部分を聞いてみます。
この部分のスクリプトがNEJMのサイトに掲載されていますが、実際に読まれる文と一部違う場合があります。
掲載スクリプトと異なる部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of September 30, 2010. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on a Syk inhibitor for rheumatoid arthritis, outcome after reduced chemotherapy for neuroblastoma, immunotherapy for neuroblastoma, timing of de novo mutagenesis, and placebo-controlled trials of fracture in osteoporosis; a review article on the risk of cardiovascular disease in patients with nonalcoholic fatty liver disease; a case report of a boy with a recurrent skin lesion; and Perspective articles on traumatic brain injury―football, warfare and long-time effects, on promoting prevention through the Affordable Care Act, and on health insurance politics in federal court. With this issue we feature a new video in clinical medicine on catheterization of the urithra in male children. Urithral catheterization may be needed in a child for diagnostic purposes: all for performing voiding cystourethrography or monitoring urine output in very ill or post-operative patients. This video demonstrates diagnostic urethral catheterization in a male infant.

今回はビデオの説明部分が難所でした。下線部のところは自信がないです。聞き取って「こうじゃないの?」というコメント、お待ちしてます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:15:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad