■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

サマリーで「要約力」を学ぶ: N Engl J Med 2010;363:1335-40.
The New England Journal of Medicineに掲載される原著論文にはOriginal articleとBrief report、ほかにSpecial articleがあります。
今回は、そのうちのBrief reportです。この場合にはいつものabstractではなく、更に短いsummaryが付きます。

下記のタイトルをクリックするとサマリーが開きます。

Timing of De Novo Mutagenesis ― A Twin Study of Sodium-Channel Mutations (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

わずか3文で構成されていますから、順に読んでいきましょう。

De novo mutations are a cause of sporadic disease, but little is known about the developmental timing of such mutations. (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

こんなに短いサマリーでも、ここに「ハテナ起点」が記載されています。研究の動機を冒頭で宣言していますね。

We studied concordant and discordant monozygous twins with de novo mutations in the sodium channel α1 subunit gene (SCN1A) causing Dravet's syndrome, a severe epileptic encephalopathy. (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

concordant 一致した
discordant 不一致の

ここで研究方法の概略を述べています。耳慣れない疾患の説明も同時に行っています。

On the basis of our findings and the literature on mosaic cases, we conclude that de novo mutations in SCN1A may occur at any time, from the premorula stage of the embryo (causing disease in the subject) to adulthood (with mutations in the germ-line cells of parents causing disease in offspring). (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

On the basis of ~を基に

最後の文は結論です。助動詞"may"が使われていますね。五分五分の確率、という意識が感じられます。

いかがでしたか?長いレポートをたった3文に縮めるという要約力を、今回のサマリーから学びたいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad