■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Phase 2 試験の書き方: N Engl J Med 2010;363:1303-12.
少し大きな医療機関に従事していると、臨床試験(治験)に関わる業務に携わることがあります。
だいたいにおいて、自分がその報告を発表するというような展開にはならないのですが、もしそうなったら、を想定してみるのも実力アップにはつながりそうです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

An Oral Spleen Tyrosine Kinase (Syk) Inhibitor for Rheumatoid Arthritis (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

今回は「ハテナ起点」はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The objective of this phase 2 study was to evaluate the efficacy and safety of R788, an oral inhibitor of Syk, in patients with active rheumatoid arthritis despite methotrexate therapy. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

この報告は第2相試験 phase 2 studyであるとわかります。
"the efficacy and safety"、また出てきましたね。やっぱりセットになっています。

METHODS

We enrolled 457 patients who had active rheumatoid arthritis despite long-term methotrexate therapy in a 6-month, double-blind, placebo-controlled trial. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

下線部が研究デザインです。不定冠詞の"a"がついていますよ。

The primary outcome was the American College of Rheumatology (ACR) 20 response (which indicates at least a 20% reduction in the number of both tender and swollen joints and improvement in at least three of five other criteria) at month 6. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

at month 6 第6ヵ月目

おもしろい言い方です。よくある表現は"at 6 months"ですね。

RESULTS

A clinically significant effect was noted by the end of the first week of treatment. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

by the end of the first week of treatment 治療第1週の終わりまでに

"by"の基本イメージは「そばに」です。(『ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉』、大西泰斗/ポール・マクベイ著、研究社)

 ある出来事が基準となる時刻の「そば」で起こる、といった感覚です。(同書より抜粋)

CONCLUSIONS

Additional studies will be needed to further assess the safety and efficacy of Syk-inhibition therapy in patients with rheumatoid arthritis. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

この部分は次なる第3相試験 phase 3 studyに向けての展望を述べています。

いかがでしたか?オーソドックスですが、要所を押さえた展開でした。治験の報告書にテンプレートとして使えそうですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:32:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ハートで感じる英文法
記事内でよく引用されている”ハートで感じる英文法”を、購入しました。
これまで誰も教えてくれなかったTIPSを、わかりやすく解説しているいい本ですね。従来の学習法として記載があるのですが、まさにそのように覚えている自分に気付かされます。教えて頂き有難うございました。
2010-10-02 土 13:35:09 | URL | Taka [編集]
いい本ですよ。
Takaさん、こんにちは。
大西先生・マクベイ先生の「ハートで感じる英文法」は、画期的な一冊です。最初に偶然、NHK-教育TVで先生方の放送を見たときには、ものすごい衝撃を覚えました。今でこそ同様のことを教えている先生方はたくさんいらっしゃいますが、当時、この内容は従来の学習法を完膚無きまでに打ちのめすものでした。
大西先生たちの他の本ももし機会があれば目を通してみてください。英語を使うのがぐっと楽になりますよ。
2010-10-04 月 06:25:49 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。