■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
週イチ統計を読む: N Engl J Med 2010;363:1107-16.
Sep.16号のNEJM掲載論文で統計の勉強をしましょう。
今回、取り上げるのはこちらの論文です。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Neuromuscular Blockers in Early Acute Respiratory Distress Syndrome (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

残念ながら全文無料閲覧の対象ではありません。
図書館で読むか、あるいはNEJM Appというアプリ(ただし最新号のみ閲覧可)でご覧ください。

では、そろそろ、論文を読んでみましょうか。
統計の視点から読むときのチェックポイントは、DPePSでしたね。

D:Design (デザイン)
Pe:Primary endpoint (一次エンドポイント)
P:Power (パワー計算)
S:Statistics (統計手法)


これを略して
 DPePS (ディーペップス)ですね。

論文でまず読むのはアブストラクト(抄録)部分ですから、ここからDPePSに該当する部分はできるだけ集めておきましょう。

では、抄録部分からDPePSを拾っていきます。ここは無料閲覧できますから、ご一緒に。

Design デザイン

In this multicenter, double-blind trial, 340 patients presenting to the intensive care unit (ICU) with an onset of severe ARDS within the previous 48 hours were randomly assigned to ... (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

ここに研究デザインが示されています(下線部)。多施設二重盲検ランダム化試験です。

Primary Endpoint 一次エンドポイント

The primary outcome was the proportion of patients who died either before hospital discharge or within 90 days after study enrollment (i.e., the 90-day in-hospital mortality rate), adjusted for predefined covariates and baseline differences between groups with the use of a Cox model. (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

一次アウトカム(エンドポイントと同義)が詳しく記載されています。

ここから先は、本文に記載されている内容となります。
本文のMethodsを読んでみます。

Power 統計的パワー(パワー計算)

Assuming a 50% mortality at 90 days in the placebo group, we calculated that 340 patients would need to be enrolled to detect a 15% absolute reduction in the 90-day mortality in the cisatracurium group as compared with the placebo group, with 80% statistical power and a two-sided alpha value of 0.05. (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

プラセボ群で50%の死亡率と想定し、その15%減を見込んで立案しています。αエラーは5%、βエラーは20%としていますね。

Statistics (統計手法)

We assessed the differences between the groups using Student's t-test, the Wilcoxon test, the chi-square test, or Fisher's exact test, as appropriate. (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

こちらは2群の背景比較で使用した統計手法です。

The primary analysis consisted of evaluating the effect of cisatracurium on the primary outcome (i.e., 90-day mortality), with adjustment by means of a Cox multivariate proportional-hazards model that included two predefined covariates: the baseline Simplified Acute Physiology Score (SAPS) II and the baseline plateau pressure. (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

一次アウトカムの解析にはCox多変量比例ハザードモデルを使っています。
すぐわかる統計用語(石村貞夫、デズモンド・アレン、東京図書)によれば、

寿命データ分析のためのノンパラメトリックな手法の1つ。
カプラン・マイヤー法に比べて、比例ハザード・モデルでは性別、年齢、白血球数といった共変量(予後因子)を利用できる点が魅力的。
(抜粋)

ということでした。うーん、ここは、そうなんだー、ということで流したいと思います。勉強不足...

続けて、結果を見ておきましょう。

Results 結果

The Cox regression model yielded a hazard ratio for death at 90 days in the cisatracurium group, as compared with the placebo group, of 0.68 (95% confidence interval [CI], 0.48 to 0.98; P=0.04), after adjustment for the baseline PaO2:FIO2, SAPS II, and plateau pressure . (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

ハザード比0.68 (95%CI 0.48-0.98)で有意差ありということでした。

The crude 90-day mortality was 31.6% (95% CI, 25.2 to 38.8) in the cisatracurium group and 40.7% (95% CI, 33.5 to 48.4) in the placebo group (P=0.08). (N Engl J Med 2010;363:1107-16.)

しかし、補正しないと両群の95%CIが重なっていて、有意差なしとなります。

抄録を読んだときにも書きましたが、この解釈は各個人の主観に影響されそうです。ハザード比最大0.98は「技あり1本」と取るのかどうか、著者らはもちろん有意に解釈していますが。

今日はここまで。統計まだまだ勉強中です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Statistics | 06:33:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
一言「難しすぎる…」
2010-09-23 木 13:18:36 | URL | ヨシダヒロコ [編集]
結論がわかれば
ヨシダさん、コメントありがとうございます。
統計手法については、数を読むうちにわかってくるんじゃないかなー、と期待しつつ、毎回読んでるんですよ~。すべてを理解しようとすると厳しいので、とりあえずは、統計解析を使った結果、どうだったのか、がわかればいいかなと思います。
2010-09-24 金 06:30:17 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。