■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

文が思いの外長いとき: N Engl J Med 2010;363:1146-55.
「科学英語はシンプルを旨とすべし」はゴールドスタンダードだと思うのですが、The New England Journal of Medicineの抄録であっても、意外に長い文は存在します。
とにかく長い一文の攻略方法は動詞を見つけて首根っこを押さえる、ということに尽きます。
でも、なかなか動詞が姿を現さないことも、あるんですよね。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Erythropoietic Response and Outcomes in Kidney Disease and Type 2 Diabetes (N Engl J Med 2010;363:1146-55.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Non–placebo-controlled trials of erythropoiesis-stimulating agents (ESAs) comparing lower and higher hemoglobin targets in patients with chronic kidney disease indicate that targeting of a lower hemoglobin range may avoid ESA-associated risks. (N Engl J Med 2010;363:1146-55.)

冒頭から主部が長い文です。押さえておく動詞に下線を引いておきました。構造は簡単なんですが、動詞の前後が長いですね。

However, target-based strategies are confounded by each patient's individual hematopoietic response. (N Engl J Med 2010;363:1146-55.)

confounded 交絡している

METHODS

We assessed the relationship among the initial hemoglobin response to darbepoetin alfa after two weight-based doses, the hemoglobin level achieved after 4 weeks, the subsequent darbepoetin alfa dose, and outcomes in 1872 patients with chronic kidney disease and type 2 diabetes mellitus who were not receiving dialysis. (N Engl J Med 2010;363:1146-55.)

これもまた長い文です。ここの押さえどころは、among以下が列挙になっている、というところです。列挙部が長くなっているんですね。

RESULTS

Patients who had a poor initial response to darbepoetin alfa had a lower average hemoglobin level at 12 weeks and during follow-up than did patients with a better hemoglobin response (a change in hemoglobin level ranging from 2 to 15% or more) (P<0.001 for both comparisons), despite receiving higher doses of darbepoetin alfa (median dose, 232 μg vs. 167 μg; P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:1146-55.)

この文の押さえる動詞は下線部のhadです。修飾部てんこもり、といった感があります。

CONCLUSIONS

Although the mechanism of this differential effect is not known, these findings raise concern about current target-based strategies for treating anemia in patients with chronic kidney disease. (N Engl J Med 2010;363:1146-55.)

these findings raise concern about 今回の結果から~という懸念が生じる

これはどこかで使ってみたい表現ですね。チェック!

いかがでしたか?長い文が多用されている抄録でしたね。好みの問題かもしれませんが、短めの文で重ねていく方が読みやすいように思いました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:17:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad