■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
禁煙法が小児喘息を減らす: N Engl J Med 2010;363:1139-45.
来月のタバコ値上げに向け、禁煙がいつもよりはややホットな話題となっています。
今回の論文は、公共の場での禁煙を禁止した法律が子どもの健康に与える影響を検討した内容です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Smoke-free Legislation and Hospitalizations for Childhood Asthma (N Engl J Med 2010;363:1139-45.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。

However, it is not known whether respiratory disease is also reduced among people who do not have occupational exposure to environmental tobacco smoke. (N Engl J Med 2010;363:1139-45.)

職業的にタバコ煙に曝露されていない人たちの呼吸器疾患が減っているかどうかはわかっていない、と言っています。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Previous studies have shown that after the adoption of comprehensive smoke-free legislation, there is a reduction in respiratory symptoms among workers in bars. (N Engl J Med 2010;363:1139-45.)

飲食店従業員へのタバコ煙健康被害は最近になって、日本でも問題になってきました。

METHODS

A negative binomial regression model was fitted, with adjustment for age group, sex, quintile of socioeconomic status, urban or rural residence, month, and year. (N Engl J Med 2010;363:1139-45.)

quintile 五分位数

RESULTS

After implementation of the legislation, there was a mean reduction in the rate of admissions of 18.2% per year relative to the rate on March 26, 2006 (95% CI, 14.7 to 21.8; P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:1139-45.)

implementation 遂行

年率2割弱の減少がある、というのはすごいことです。

CONCLUSIONS

In Scotland, passage of smoke-free legislation in 2006 was associated with a subsequent reduction in the rate of respiratory disease in populations other than those with occupational exposure to environmental tobacco smoke. (N Engl J Med 2010;363:1139-45.)

締めは結果の数値を文章化したものになっています。

いかがでしたか?条例化して禁煙に取り組んでいる横浜市あたりで、これと同じような評価をやってみるとおもしろいのでは、と思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:09:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。