■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
疾患について簡略に説明する: N Engl J Med 2010;363:1016-24.
自分がよく知っている物事を説明するとき、ついつい言葉を重ねすぎて、かえってわかりにくくしてしまうことがあります。特に、患者さんに病気の説明をするときには気をつけなくてはいけませんね。
今回の論文では、眼科領域に詳しい人以外には耳慣れない疾患が出てきます。どのように説明しているのか、ちょっと注目してみましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

E2-2 Protein and Fuchs's Corneal Dystrophy (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。

Although rare genetic variation that contributes to both early-onset and typical late-onset forms of FCD has been identified, to our knowledge, no common variants have been reported. (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

"Although..."で始めるパターンですね。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Fuchs's corneal dystrophy (FCD) is a leading cause of corneal transplantation and affects 5% of persons in the United States who are over the age of 40 years. (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

フックス角膜ジストロフィーについての説明が始まります。まずは「米国40歳代以上で4%の罹患率である」といった疫学的内容で、全体像を示しています。このあとに臨床像の説明が続きます。

Although rare genetic variation that contributes to both early-onset and typical late-onset forms of FCD has been identified, to our knowledge, no common variants have been reported. (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

慎重に言葉を選んでいる、という印象を受けます。

METHODS

We performed a genomewide association study and replicated the most significant observations in a second, independent group of subjects. (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

a second, independent group of subjects 別の独立した対象群

RESULTS

Alleles in the gene encoding protein tyrosine phosphatase receptor type G (PTPRG) were associated with FCD (P=4.0×10-7), but the association did not reach genomewide significance. (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

「有意ではない」という表現のひとつとしてチェック。

CONCLUSIONS

Genetic variation in TCF4 contributes to the development of FCD. (N Engl J Med 2010;363:1016-24.)

contributes to 関与している


いかがでしたか?日本ではあまり話題になっていないように思うフックス角膜ジストロフィーですが、そのあたりはやはり、人種差かなにかなのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:21:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。