■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アメリカでの小児保険を考える: N Engl J Med 2010;363:841-51.
NEJM Aug.26号にはSpecial articleとして小児保険に関する論文が掲載されています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Underinsurance among Children in the United States (N Engl J Med 2010;363:841-51.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Less attention has been devoted to the question of whether insurance sufficiently meets children's needs. (N Engl J Med 2010;363:841-51.)

「あまり注意を払われてこなかった」というわけです。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Recent interest in policy regarding children's health insurance has focused on expanding coverage. (N Engl J Med 2010;363:841-51.)

「目下の関心は~に集中している」という表現です。自己紹介にも使えそう。

例)Recent interest in my daily life has focused on gardening.

ちょっとおおげさですけど、重々しく話せばかえって笑いが取れるかもしれません。

METHODS

We estimated underinsurance among U.S. children on the basis of data from the 2007 National Survey of Children's Health (sample size, 91,642 children) regarding parents' or guardians' judgments of whether their children's insurance covered needed services and providers and reasonably covered costs. (N Engl J Med 2010;363:841-51.)

guardians' 保護者、後見人

子どもの保護者が「親」だけではないというのがアメリカらしいですが、日本でもそうなってくるかもしれません。

RESULTS

As compared with children who were continuously and adequately insured, uninsured and underinsured children were more likely to have problems with health care access and quality. (N Engl J Med 2010;363:841-51.)

対語になって記されています。

CONCLUSIONS

Access to health care and the quality of health care are suboptimal for uninsured and underinsured children. (N Engl J Med 2010;363:841-51.)

suboptimal 不十分な

保険の問題は本当に難問です。八方がうまくおさまる解決策はないようにも思えるほどです。でも、その時々で、最適と思われる施策を選択して進んでいくほかないのでしょうね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。