■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
outcomeの設定を考える: N Engl J Med 2010;363:820-9.
記述的統計以外の研究においては、一次エンドポイント(アウトカム)が設定されています。
その設定の選択は著者らの判断によるのですが、それでよかったのかどうか、研究終了後には振り返ることも必要かなと思います。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Sirolimus and Kidney Growth in Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD), aberrant activation of the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway is associated with progressive kidney enlargement. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

kidney enlargement 腎肥大

renalではなくkidneyを使うのですね。

METHODS

The primary outcome was total kidney volume at 18 months on blinded assessment. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

一次アウトカムを18ヵ月目の腎体積に置いています。

Secondary outcomes were the glomerular filtration rate and urinary albumin excretion rate at 18 months. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

副次アウトカムはGFRと尿中アルブミン排出率としています。

RESULTS

At 18 months, the median total kidney volume in the sirolimus group was 102% of that in the control group (95% confidence interval, 99 to 105; P=0.26). (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

一次アウトカムでは有意差なしでした。

CONCLUSIONS

In adults with ADPKD and early chronic kidney disease, 18 months of treatment with sirolimus did not halt polycystic kidney growth. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

halt 止める

いかがでしたか?sirolimusがmTOR経路シグナルを抑制する薬剤であることからはここで設定された一次アウトカムは妥当だと思います。でも臨床的なアウトカムの意義を考えると、腎肥大と腎機能低下の間にあるステップについての言及がほしいところだと感じました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:20:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。