■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エンドポイントを考える: N Engl J Med 2010;363:733-42.
「緩和ケア」で生存期間が延長した、と話題になっている論文ですが、エンドポイントはどうなっていたのでしょうか?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。今回は全文無料閲覧できます。

Early Palliative Care for Patients with Metastatic Non–Small-Cell Lung Cancer (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Patients with metastatic non–small-cell lung cancer have a substantial symptom burden and may receive aggressive care at the end of life. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

下線部をよーく見てみましょう。nonとsmallの間の横棒は「エヌダッシュ(半角ダッシュ)」、そしてsmallとcellの間は「ハイフン」です。エヌダッシュの使い方について、クライダー先生の『速引!医学語ブック』ではこのように説明しています。

半角ダッシュは、引用文献のページ範囲を示すとき(例pages 22–31)や、合成語の修飾句の中でハイフンの代わりに(例:drug–induced symptoms 〈薬が引き起こした症状〉)で使われる。

small-cellを修飾する、ということでnonの次はエヌダッシュになっているのでしょうか。私は今まで全部ハイフンでつないでいました。

We examined the effect of introducing palliative care early after diagnosis on patient-reported outcomes and end-of-life care among ambulatory patients with newly diagnosed disease. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

ambulatory patients 外来通院患者

歩いて通える、というところから「外来通院」という意味になります。

METHODS

The primary outcome was the change in the quality of life at 12 weeks. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

一次アウトカムは「12週時点でのQOLの変化」です。

RESULTS

Patients assigned to early palliative care had a better quality of life than did patients assigned to standard care (mean score on the FACT-L scale [in which scores range from 0 to 136, with higher scores indicating better quality of life], 98.0 vs. 91.5; P=0.03). (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

ここに一次アウトカムの結果が書かれています。早期から緩和ケアを行った患者のほうが評価時点でのQOLが高かったとあります。

Despite the fact that fewer patients in the early palliative care group than in the standard care group received aggressive end-of-life care (33% vs. 54%, P=0.05), median survival was longer among patients receiving early palliative care (11.6 months vs. 8.9 months, P=0.02). (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

「早期緩和ケアを行った患者のほうが生存期間の中央値が長かった」という内容です。受け止めようによっては衝撃的とも言える内容ですが、あくまでこれは副次アウトカムです。一次アウトカムと副次アウトカムについて山崎先生は『ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル』で次のように説明しています。(アウトカムとエンドポイントは同じ意味と考えています。)

一次エンドポイント(主要評価項目)
・実施する大規模臨床試験の目的そのもの
・検証し、確認されたことは事実として認識される
・広く一般的事実と認識されるには同様の追試験での確認が必要

二次エンドポイント(副次評価項目)
・ついでに行う検証項目(探索項目)
・検証されたことは事実としての認識に至らない(示唆された程度)
・別の試験にて一次エンドポイントとして検証、確認が必要


同書では例えとして山崎先生は野球のスコアを出しています。1-0でA高校がB高校に勝った試合で、ヒット数はA高校が6、B高校が8だったとします。ここで一次エンドポイントにあたるのは「勝ち負け」、副次エンドポイントが「ヒット数」になります。ヒット数が多いB高校のほうが本当は強いのかもしれないけれど...というのは「示唆された程度」になります。

サッカーファンとしてはこう翻案しました。
つまり、勝敗が一次エンドポイント、内容が副次エンドポイント。
例:3-0で負けちゃったけど、試合内容、例えばシュート数やボールポゼッションでは圧倒していたんだから本当は相手より強かった「かも」しれないんだよね、という、ありがちな素人評において、結局は「負けは負け」というのが一次エンドポイントである。

こう考えてくると、緩和ケアの延命効果についても「そうかもね」程度でとらえておくのが統計学的にはいいのかな、と思います。

CONCLUSIONS

As compared with patients receiving standard care, patients receiving early palliative care had less aggressive care at the end of life but longer survival. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

そうはいっても著者らもこの延命効果は論文の「売り」になると思っているのでしょうか、結論においても言及しています。

いかがでしたか?公表以来、あちこちで取り上げられてる内容ですが、是非、抄録だけでも自分で一度目を通してみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:18:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
面白そうな本の紹介、ありがとうございました!
2010-08-22 日 10:25:04 | URL | ヨシダヒロコ [編集]
エンドポイントって
ヨシダさん、コメントありがとうございます。
エンドポイント(アウトカム)について、以前はあまり意識していなかったのですが、統計の勉強をし、「ドキドキワクワク論文☆吟味。(以下略)」を読んだりして、やっとわかってきたところです。
新聞報道や製薬会社パンフなどのプロの文書でも、一次と副次エンドポイントの区別をきちんとしていない場合も少なからずあります。読むときに気をつけなくては、と思っています。
2010-08-22 日 10:48:16 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。