■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

"Hodgkin's lymphoma"の発音は?―NEJM Podcasting Aug.12, 2010
今週号のThe New England Journal of Medicineのオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドラインなら1分少々です。
おまけに、この冒頭部分に限ってNEJMのサイトにスクリプトも掲載されていますから、聞き取りやすいでしょう。
サイトの真ん中あたりにバナーがあります。

スクリーンショット(2010-08-18 6.13.08)

ではいつものように聞き取ってみます。
掲載されているスクリプトと異なる部分は赤字で示します。
(8月19日追記:訂正入れました。)

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of August 12, 2010. I'm Dr Lisa Johonson. This week's issue features Featured are articles on early versus late initiation of dialysis, sildenafil for advanced idiopathic pulmonary fibrosis, bone marrow transplantation for recessive dystrophic epidermolysis bullosa, treatment intensity in Hodgkin’s lymphoma, accountability measures to promote quality, and vascular dissection and sepsis; a review article on early-stage Hodgkin’s lymphoma; a case report of a woman with a history of Hodgkin’s lymphoma and sudden onset of dyspnea and shock; and Perspective articles on health care reform and cost control, on disclosing industry relationships and improved federal research policy, and on quality measures and the individual physician. The new NEJM.org is here. NEJM.org now includes improved navigation and organization to make it faster and easier for readers to find the essential information that they want. Our electronic archives now includes every issues back to the first one published in 1820. We hope that users will find the new NEJM.org useful, attractive and efficient. Comments and suggestions from users are always welcome at nejmresign@nejm.org.

「ここ、こうじゃないの?」という部分がありましたら是非、お知らせくださいね。
Takaさん、ヨシダヒロコさん、ありがとうございました。

さて、ホジキンリンパ腫、聞き取れましたか?カタカナとは異なる発音でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:27:21 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
いつも楽しく拝見させていただいております。
重箱の隅をつつく感じですが、下から4行目のarchiveが単数でincludeがincludesに聞こえるのですがいかがでしょうか?
複数や3人称の-sってnative speakerも結構、抜けてたら気になるみたいで、以前メガネをglassといったらglassesと間髪入れず訂正が入りました。
2010-08-18 水 12:34:31 | URL | Taka [編集]
Dr.Joyさん、こんばんは。

聞き取り、お疲れ様でした。
赤字部分、ほぼ合ってると思います。sを聞き取るのは苦手なので…
2010-08-18 水 21:28:33 | URL | ヨシダヒロコ [編集]
Takaさん、大正解!
Takaさん、一緒に聞いていただきありがとうございます。
今朝の記事にも書きましたが、Takaさん大正解です。
落としやすいsが聞き取れるTakaさんの耳は、「英語耳」です。
私もそのあたり、集中してトレーニングしなくては。
重箱の隅なんてとんでもない!とってもありがたいです。
これからもコメントお寄せください。コメントいただくの、楽しみなんですよ。
2010-08-19 木 06:28:10 | URL | Dr. Joy [編集]
sはなかなか難しいデス
ヨシダヒロコさん、早速コメントいただきありがとうございます。
聞き取りは「耳力」プラス「脳チカラ」が必要なんじゃないか、と思うようになりました。文法力も必要かも。
聞き間違い、聞き落としにもめげず、聞き取りスクリプト続けます。また是非、コメントお寄せください。ひとりで聞き取ってても、「これでいいのかなあ」と心配なので。よろしくお願いします。
2010-08-19 木 06:33:32 | URL | Dr. Joy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad