■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
著者の裁量: N Engl J Med 2010;363:640-52.
The New England Journal of Medicineの抄録についてはBACKGROUND-METHODS-RESULTS-CONCLUSIONSとフォーマットが決まっています。ただ、どのパートにどんな内容を記述するかは、著者の裁量に任されているようです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Reduced Treatment Intensity in Patients with Early-Stage Hodgkin's Lymphoma (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

今回は「ハテナ起点」がばっちりと書かれています。

Whether it is possible to reduce the intensity of treatment in early (stage I or II) Hodgkin's lymphoma with a favorable prognosis remains unclear. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Whether it is possible to reduce the intensity of treatment in early (stage I or II) Hodgkin's lymphoma with a favorable prognosis remains unclear. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

冒頭から"whether"ではじめるとは、なかなか文達者な書きぶりです。一気に引き込みますね。

We therefore conducted a multicenter, randomized trial comparing four treatment groups consisting of a combination chemotherapy regimen of two different intensities followed by involved-field radiation therapy at two different dose levels. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

検討内容を説明しています。このあたりはMETHODSに書いている著者もいます。

METHODS

The primary end point was freedom from treatment failure; secondary end points included efficacy and toxicity of treatment. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

こういうときに"freedom"を使うのは私には意外でした。イメージというか使う心理は感じられますね。なるほど。

RESULTS

The two chemotherapy regimens did not differ significantly with respect to freedom from treatment failure (P=0.39) or overall survival (P=0.61). (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

この"regimen"、ネイティブでも"regime"と混同するようで、クライダー先生の『速引!医学語ブック』にはこんな解説と例文がありました。

regime(支配体制)は通常、政府の体制を示す。regimen(治療計画)は、治療目的に用いられる食事療法、運動、あるいは薬の服用の計画(プロトコル)を表す。
"For purposes of their health, patients follow drug regimens not regimes."


CONCLUSIONS

Long-term effects of these treatments have not yet been fully assessed. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

「更なる検討が必要である」という意味を含めて「まだ十分評価されていない」と結んでいます。

いかがでしたか?4群の比較という、ちょっと欲張った検討内容でした。パワーなど十分だったのかな、と気になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:40:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。