■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

洒落た表現を拾う: N Engl J Med 2010;363:343-54.
論文は文学作品ではないので、どちらかというと「質実剛健」といった趣の記載が多いように思います。
でも、時には小洒落た表現もあり、そういうものを拾ってみるのも「読む楽しみ」のひとつになります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Molecular Architecture of the Goodpasture Autoantigen in Anti-GBM Nephritis (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The specificity and molecular architecture of epitopes of tissue-bound autoantibodies are unknown. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

いつもの"unknown"表現です。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We compared the conformations of the antibody epitopes in Goodpasture's disease and Alport's post-transplantation nephritis with the intention of finding clues to the pathogenesis of anti-GBM glomerulonephritis. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

with the intention of finding clues to ~の糸口を見つけるつもりで

"with the intention of ~ing"で「~するつもりで」となります。cluesをもってくるとは、なんだか推理小説みたいですね。

METHODS

The molecular architecture of key epitope regions was deduced with the use of chimeric molecules and a three-dimensional model of the α345NC1 hexamer. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

deduced 推定する

RESULTS

The antibodies bound to distinct epitopes encompassing region EA in the α5NC1 monomer and regions EA and EB in the α3NC1 monomer, but they did not bind to the native cross-linked α345NC1 hexamer. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

encompassing 丸く取り囲む

抗体が結合している様子をイメージすると、この動詞がつかめるかもしれませんね。

RESULTS

The development of Goodpasture's disease may be considered an autoimmune “conformeropathy” that involves perturbation of the quaternary structure of the α345NC1 hexamer, inducing a pathogenic conformational change in the α3NC1 and α5NC1 subunits, which in turn elicits an autoimmune response. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

perturbation 乱れ
elicits 誘導する

いかがでしたか?いつもの平易な文と比べて、いくらかクラス感が漂っているように思いました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:06:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad